競走馬

死亡したG1馬などの有名馬【2022年/2021年/2020年/2019年/2018年】

過去5年に死亡した著名な馬をまとめています。主に中央競馬所属のG1馬を取り上げています。

に亡くなった馬

ゼンノロブロイ(22歳)

生年2000年牡馬
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル母父マイニング
主な競争成績ジャパンC,有馬記念,天皇賞秋

引退後は種牡馬となり、産駒にサンテミリオン(オークス)、グリム(レパードS-G3)、サトノフェイバー(きさらぎ賞-G3)などがいる。

タイキシャトル(28歳)

生年1994年牡馬
Devil’s Bag
ウェルシュマフィン母父Caerleon
主な競争成績ジャックルマロワ賞-仏,安田記念などG1を5勝

引退後は種牡馬となり、産駒にウインクリューガー(NHKマイルC)、メイショウボーラー(フェブラリーS、朝日杯FS2着)、フレンチカクタス(フィリーズレビュー-G2)などがいる。

ピンクカメオ(18歳)

生年2004年牝馬
フレンチデピュティ
シルバーレーン母父Silver Hawk
主な競争成績NHKマイルC

ビワハイジ(29歳)

生年1993年牝馬
Caerleon
アグサン母父Lord Gayle
主な競争成績阪神3歳牝馬S

ジョワドヴィーヴル(阪神JF)ブエナビスタ(ジャパンC、オークスなどG1を6勝)サングレアル(フローラS-G2)トーセンレーヴ(エプソムC-G3)アドマイヤオーラ(弥生賞)の母として知られる。

タイムパラドックス(24歳)

生年1998年牡馬
ブライアンズタイム
ジョリーザザ母父Alzao
主な競争成績ジャパンCダート,JBCクラシック2回など地含めG1を5勝

テレグノシス(23歳)

生年1999年牡馬
トニービン
メイクアウイッシュ母父ノーザンテースト
主な競争成績NHKマイルC,安田記念2着

引退後は種牡馬となり、産駒にマイネイサベル(府中牝馬S-G2)などがいる。

ワグネリアン(7歳)

生年2015年牡馬
ディープインパクト
ミスアンコール母父キングカメハメハ
主な競争成績ダービー

に亡くなった馬

アグネスデジタル(24歳)

生年1997年牡馬
Crafty Prospector
Chancey Squaw母父Chief’s Crown
主な競争成績天皇賞秋,香港C,フェブラリーSなど地含むG1を6勝

引退後は種牡馬となり、産駒にアスカノロマン(東海S-G2)、メイショウスザンナ(クイーンS-G3)、サウンドバリアー(フィリーズレビュー-G2)などがいる。

ウメノファイバー(25歳)

生年1996年牝馬
サクラユタカオー
ウメノローザ母父ノーザンディクテイター
主な競争成績オークス

ドゥラメンテ(9歳)

生年2012年牡馬
キングカメハメハ
アドマイヤグルーヴ母父サンデーサイレンス
主な競争成績ダービー,皐月賞

引退後は種牡馬となり、産駒にスターズオンアース(桜花賞、オークス)、タイトルホルダー(宝塚記念、菊花賞、天皇賞春)、ドゥーラ(札幌2歳S-G3)などがいる。

レガシーワールド(32歳)

生年1989年セン馬
モガミ
ドンナリディア母父ジムフレンチ
主な競争成績ジャパンC,有馬記念2着

ケイムホーム(22歳)

生年1999年牡馬
Gone West
Nice Assay母父Clever Trick
主な競争成績パシフィッククラシック-米,サンタアニタダービー-米,ホープフルS-米

日本で種牡馬となり、産駒にはインティ(フェブラリーS)、タガノトネール(武蔵野S-G3)、サウンドリアーナ(ファンタジーS-G3)などがいる。

ネオユニヴァース(21歳)

生年2000年牡馬
サンデーサイレンス
ポインテッドパス母父Kris
主な競争成績ダービー,皐月賞

引退後は種牡馬となり、産駒にヴィクトワールピサ(ドバイワールドC、有馬記念、皐月賞)、アンライバルド(皐月賞)、ロジユニヴァース(ダービー)などがいる。

ジャングルポケット(23歳)

生年1998年牡馬
トニービン
ダンスチャーマー母父Nureyev
主な競争成績ジャパンC,ダービー

引退後は種牡馬となり、産駒にトーセンジョーダン(天皇賞秋、ジャパンC2着)、オウケンブルースリ(菊花賞、ジャパンC2着)、アヴェンチュラ(秋華賞、エリザベス女王杯2着)などがいる。

シーザリオ(19歳)

生年2002年牝馬
スペシャルウィーク
キロフプリミエール母父Sadler’s Wells
主な競争成績オークス,アメリカンオークス-米

サートゥルナーリア(皐月賞、ホープフルS)リオンディーズ(朝日杯FS)エピファネイア(ジャパンC、菊花賞)の母として知られる。

エイシンサニー(34歳)

生年1987年牝馬
ミルジョージ
エイシンナツコ母父ダイアトム
主な競争成績オークス

クロフネ(23歳)

生年1998年牡馬
フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー母父Classic Go Go
主な競争成績ジャパンCダート,NHKマイルC

引退後は種牡馬となり、産駒にソダシ(桜花賞、ヴィクトリアM、阪神JF)、アエロリット(NHKマイルC)、クラリティスカイ(NHKマイルC)などがいる。

に亡くなった馬

シンボリクリスエス(21歳)

生年1999年牡馬
Kris S.
Tee Kay母父Gold Meridian
主な競争成績有馬記念2回,天皇賞秋2回

引退後は種牡馬となり、産駒にルヴァンスレーヴ(チャンピオンズC)、ストロングリターン(安田記念)、エピファネイア(ジャパンC、菊花賞)などがいる。

スイープトウショウ(19歳)

生年2001年牝馬
エンドスウィープ
タバサトウショウ母父ダンシングブレーヴ
主な競争成績宝塚記念,秋華賞,エリザベス女王杯

ダンツシアトル(30歳)

生年1990年牡馬
Seattle Slew
Call Me Goddess母父Prince John
主な競争成績宝塚記念

ハットトリック(19歳)

生年2001年牡馬
サンデーサイレンス
トリッキーコード母父Lost Code
主な競争成績マイルCS,香港マイル

引退後は種牡馬となり、産駒にDabirsim(モルニ賞-仏、JLラガルデール賞-仏)などがいる。

マチカネフクキタル(26歳)

生年1994年牡馬
クリスタルグリッターズ
アテナトウショウ母父トウショウボーイ
主な競争成績菊花賞

ビワハヤヒデ(30歳)

生年1990年牡馬
シャルード
パシフィカス母父Northern Dancer
主な競争成績天皇賞春,菊花賞,宝塚記念

スエヒロジョウオー(30歳)

生年1990年牝馬
トウショウペガサス
イセスズカ母父マルゼンスキー
主な競争成績阪神3歳牝馬S

ナリタタイシン(30歳)

生年1990年牡馬
リヴリア
タイシンリリィ母父ラディガ
主な競争成績皐月賞

ショウナンカンプ(22歳)

生年1998年牡馬
サクラバクシンオー
ショウナングレイス母父ラッキーソブリン
主な競争成績高松宮記念

引退後は種牡馬となり、産駒にラブカンプー(CBC賞-G2、スプリンターズS2着)、ショウナンアチーヴ(NZT-G2、朝日杯FSC2着)などがいる。

ニシノフラワー(31歳)

生年1989年牝馬
Majestic Light
デユプリシト母父Danzig
主な競争成績桜花賞,スプリンターズS,阪神3歳牝馬S

サクラローレル(29歳)

生年1991年牡馬
Rainbow Quest
ローラローラ母父Saint Cyrien
主な競争成績有馬記念,天皇賞春

引退後は種牡馬となり、産駒にローマンエンパイア(京成杯-G3)などがいる。

ダンスインザダーク(27歳)

生年1993年牡馬
サンデーサイレンス
ダンシングキイ母父Nijinsky
主な競争成績菊花賞

引退後は種牡馬となり、産駒にスリーロールス(菊花賞)、デルタブルース(メルボルンC-豪、菊花賞)、ザッツザプレンティ(菊花賞、ジャパンC2着)などがいる。

に亡くなった馬

ウイングアロー(24歳)

生年1995年牡馬
アサティス
サンヨウアロー母父ミスターシービー
主な競争成績ジャパンCダート,フェブラリーS

マヤノトップガン(27歳)

生年1992年牡馬
ブライアンズタイム
アルプミープリーズ母父Blushing Groom
主な競争成績有馬記念,天皇賞春,菊花賞,宝塚記念

引退後は種牡馬となり、産駒にムスカテール(目黒記念-G2)、キングトップガン(目黒記念-G2)、ホッコーパドゥシャ(新潟記念-G3)などがいる。

チョウカイキャロル(28歳)

生年1991年牝馬
ブライアンズタイム
ウィットワタースランド母父Mr. Prospector
主な競争成績オークス,エリザベス女王杯2着

キングカメハメハ(18歳)

生年2001年牡馬
Kingmambo
マンファス母父ラストタイクーン
主な競争成績ダービー,NHKマイルC

引退後は種牡馬となり、産駒にチュウワウィザード(チャンピオンズC、ドバイワールドC2着)、レイデオロ(ダービー、天皇賞秋)、ミッキーロケット(宝塚記念)などがいる。

ディープインパクト(17歳)

生年2002年牡馬
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア母父Alzao
主な競争成績三冠,ジャパンC,有馬記念,天皇賞春,宝塚記念

引退後は種牡馬となり、産駒にダノンキングリー(安田記念、ダービー2着)、ワールドプレミア(菊花賞、天皇賞春)、ロジャーバローズ(ダービー)などがいる。

シルクジャスティス(25歳)

生年1994年牡馬
ブライアンズタイム
ユーワメルド母父サティンゴ
主な競争成績有馬記念,ダービー2着

ヒシアマゾン(28歳)

生年1991年牝馬
Theatrical
Katies母父ノノアルコ
主な競争成績エリザベス女王杯,阪神3歳牝馬S

ウオッカ(15歳)

生年2004年牝馬
タニノギムレット
タニノシスター母父ルション
主な競争成績ダービー,ジャパンC,安田記念2回などG1を7勝

キングヘイロー(24歳)

生年1995年牡馬
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー母父Halo
主な競争成績高松宮記念

引退後は種牡馬となり、産駒にローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)、カワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ダイアナヘイロー(阪神C-G2)などがいる。

サクラキャンドル(27歳)

生年1992年牝馬
サクラユタカオー
サクラクレアー母父ノーザンテースト
主な競争成績エリザベス女王杯