競走馬

死亡したG1馬などの有名馬【2019年/2018年/2017年/2016年/2015年】

過去5年の死亡した著名な馬の情報をまとめています。中央競馬所属のG1馬プラスアルファになります。

に亡くなった馬

ウイングアロー(24歳)

ウイングアローは1995年生まれの牡馬。父はアサティスで、母はサンヨウアロー(その父ミスターシービー)。現役時代はジャパンCダート、フェブラリーSに勝つなどした。

マヤノトップガン(27歳)

マヤノトップガンは1992年生まれの牡馬。父はブライアンズタイムで、母はアルプミープリーズ(その父Blushing Groom)。現役時代は有馬記念、天皇賞春、菊花賞、宝塚記念に勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にムスカテール(目黒記念-G2)、キングトップガン(目黒記念-G2)、ホッコーパドゥシャ(新潟記念-G3)などがいる。

チョウカイキャロル(28歳)

チョウカイキャロルは1991年生まれの牝馬。父はブライアンズタイムで、母はウィットワタースランド(その父Mr. Prospector)。オークスの勝利のほか、エリザベス女王杯2着などの活躍を見せた。

キングカメハメハ(18歳)

キングカメハメハは2001年生まれの牡馬。父はKingmamboで、母はマンファス(その父ラストタイクーン)。現役時代はダービー、NHKマイルCに勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にミッキーロケット(宝塚記念)、リオンディーズ(朝日杯FS)、ドゥラメンテ(ダービー、皐月賞)などがいる。

ディープインパクト(17歳)

ディープインパクトは2002年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はウインドインハーヘア(その父Alzao)。現役時代は三冠、ジャパンC、有馬記念、天皇賞春、宝塚記念に勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にロジャーバローズ(ダービー)、Saxon Warrior(英2000ギニー、レーシングポストT-英)、アルアイン(大阪杯、皐月賞)などがいる。

シルクジャスティス(25歳)

シルクジャスティスは1994年生まれの牡馬。父はブライアンズタイムで、母はユーワメルド(その父サティンゴ)。有馬記念の勝利のほか、ダービー2着などの活躍を見せた。

ヒシアマゾン(28歳)

ヒシアマゾンは1991年生まれの牝馬。父はTheatricalで、母はKaties(その父ノノアルコ)。現役時代はエリザベス女王杯、阪神3歳牝馬Sに勝つなどした。

ウオッカ(15歳)

ウオッカは2004年生まれの牝馬。父はタニノギムレットで、母はタニノシスター(その父ルション)。ダービーなどG1戦線で大いに活躍をした。

キングヘイロー(24歳)

キングヘイローは1995年生まれの牡馬。父はダンシングブレーヴで、母はグッバイヘイロー(その父Halo)。主な勝ち鞍は高松宮記念。

引退後は種牡馬となり、産駒にローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)、カワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ダイアナヘイロー(阪神C-G2)などがいる。

サクラキャンドル(27歳)

サクラキャンドルは1992年生まれの牝馬。父はサクラユタカオーで、母はサクラクレアー(その父ノーザンテースト)。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯。

に亡くなった馬

アウォーディー(8歳)

アウォーディーは2010年生まれの牡馬。父はジャングルポケットで、母はヘヴンリーロマンス(その父サンデーサイレンス)。JBCクラシック-地の勝利のほか、チャンピオンズC2着などの活躍を見せた。

スカーレットブーケ(30歳)

スカーレットブーケは1988年生まれの牝馬。父はノーザンテーストで、母はスカーレットインク(その父Crimson Satan)。主な勝ち鞍は京都牝馬特別-G3。ダイワスカーレット(有馬記念、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯)ダイワメジャー(天皇賞秋、皐月賞、安田記念、マイルCS2回)ダイワルージュ(阪神3歳牝馬S2着)の母として知られる。

テイエムオペラオー(22歳)

テイエムオペラオーは1996年生まれの牡馬。父はオペラハウスで、母はワンスウエド(その父Blushing Groom)。ジャパンCなどG1戦線で大いに活躍をした。

スペシャルウィーク(23歳)

スペシャルウィークは1995年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はキャンペンガール(その父マルゼンスキー)。現役時代はダービー、ジャパンC、天皇賞春秋に勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にリーチザクラウン(マイラーズC-G2、ダービー2着)、トーホウジャッカル(菊花賞)、ローマンレジェンド(東京大章典-地)などがいる。

サウスヴィグラス(22歳)

サウスヴィグラスは1996年生まれの牡馬。父はエンドスウィープで、母はダーケストスター(その父Star de Naskra)。主な勝ち鞍はJBCスプリント-地。

引退後は種牡馬となり、産駒にヒガシウィルウィン(ジャパンダートダービー-地)、ナムラタイタン(武蔵野S-G3)などがいる。

ネーハイシーザー(28歳)

ネーハイシーザーは1990年生まれの牡馬。父はサクラトウコウで、母はネーハイテスコ(その父テスコボーイ)。主な勝ち鞍は天皇賞秋。

ノースフライト(28歳)

ノースフライトは1990年生まれの牝馬。父はトニービンで、母はシヤダイフライト(その父ヒッティングアウェー)。現役時代は安田記念、マイルCSに勝つなどした。



に亡くなった馬

フサイチパンドラ(14歳)

フサイチパンドラは2003年生まれの牝馬。父はサンデーサイレンスで、母はロッタレース(その父Nureyev)。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯。アーモンドアイ(牝馬三冠、ジャパンCなどG1を6勝)の母として知られる。

スマイルトゥモロー(18歳)

スマイルトゥモローは1999年生まれの牝馬。父はホワイトマズルで、母はコクトビューティー(その父サウスアトランティック)。主な勝ち鞍はオークス。

アドマイヤコジーン(21歳)

アドマイヤコジーンは1996年生まれの牡馬。父はCozzeneで、母はアドマイヤマカディ(その父ノーザンテースト)。現役時代は安田記念、朝日杯3歳Sに勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にスノードラゴン(スプリンターズS)、アストンマーチャン(スプリンターズS、阪神JF2着)、マジンプロスパー(CBC賞-G3)などがいる。

ヤマニンゼファー(29歳)

ヤマニンゼファーは1988年生まれの牡馬。父はニホンピロウイナーで、母はヤマニンポリシー(その父Blushing Groom)。現役時代は天皇賞秋、安田記念2回に勝つなどした。

ミホノブルボン(28歳)

ミホノブルボンは1989年生まれの牡馬。父はマグニテュードで、母はカツミエコー(その父シャレー)。現役時代はダービー、皐月賞、朝日杯3歳Sに勝つなどした。

チアズグレイス(20歳)

チアズグレイスは1997年生まれの牝馬。父はサンデーサイレンスで、母はチアズフラワー(その父Al Nasr)。主な勝ち鞍は桜花賞。

ゴールドアリュール(18歳)

ゴールドアリュールは1999年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はニキーヤ(その父Nureyev)。現役時代はフェブラリーS、東京大章典-地に勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にコパノリッキー(フェブラリーS2回など地含めG1を11勝)、エスポワールシチー(ジャパンCダート、フェブラリーSなど地含めG1を9勝)、スマートファルコン(東京大章典2回-地、帝王賞-地など地のG1を6勝)などがいる。

に亡くなった馬

ダンスパートナー(24歳)

ダンスパートナーは1992年生まれの牝馬。父はサンデーサイレンスで、母はダンシングキイ(その父Nijinsky)。現役時代はオークス、エリザベス女王杯に勝つなどした。フェデラリスト(中山記念-G2)の母として知られる。

ニッポーテイオー(33歳)

ニッポーテイオーは1983年生まれの牡馬。父はリィフォーで、母はチヨダマサコ(その父ラバージョン)。現役時代は天皇賞秋、安田記念、マイルCSに勝つなどした。

ファレノプシス(21歳)

ファレノプシスは1995年生まれの牝馬。父はブライアンズタイムで、母はキャットクイル(その父Storm Cat)。現役時代は桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯に勝つなどした。

メイセイオペラ(22歳)

メイセイオペラは1994年生まれの牡馬。父はグランドオペラで、母はテラミス(その父タクラマカン)。現役時代はフェブラリーS、帝王賞-地、南部杯-地に勝つなどした。

マーベラスサンデー(24歳)

マーベラスサンデーは1992年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はモミジダンサー(その父ヴァイスリーガル)。宝塚記念の勝利のほか、有馬記念2着などの活躍を見せた。

引退後は種牡馬となり、産駒にタツゴウゲキ(新潟記念-G3)、サニーサンデー(福島記念-G3)、スマートギア(中日新聞杯-G3)などがいる。

カネヒキリ(14歳)

カネヒキリは2002年生まれの牡馬。父はフジキセキで、母はライフアウトゼア(その父Deputy Minister)。ジャパンCダート2回などG1戦線で大いに活躍をした。

引退後は種牡馬となり、産駒にディオスコリダー(カペラS-G3)、ロンドンタウン(エルムS-G3)などがいる。

レッドディザイア(10歳)

レッドディザイアは2006年生まれの牝馬。父はマンハッタンカフェで、母はグレイトサンライズ(その父Caerleon)。秋華賞の勝利のほか、オークス2着などの活躍を見せた。

オペラハウス(28歳)

オペラハウスは1988年生まれの牡馬。父はSadler’s Wellsで、母はColorspin(その父High Top)。イギリスで調教され、現役時代はキングジョージ、エクリプスS-英、コロネーションC-英に勝つなどした。

日本で種牡馬となり、産駒にはメイショウサムソン(ダービー、天皇賞春秋、皐月賞)、テイエムオペラオー(ジャパンC、有馬記念、天皇賞春秋などG1を7勝)、トーセンクラウン(中山記念-G2)などがいる。

メジロライアン(29歳)

メジロライアンは1987年生まれの牡馬。父はアンバーシャダイで、母はメジロチェイサー(その父メジロサンマン)。宝塚記念の勝利のほか、ダービー2着などの活躍を見せた。

引退後は種牡馬となり、産駒にメジロブライト(天皇賞春、有馬記念2着)、メジロドーベル(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯2回、阪神3歳牝馬S)、レッツゴーキリシマ(関屋記念-G3、朝日杯FS2着)などがいる。

シルクプリマドンナ(19歳)

シルクプリマドンナは1997年生まれの牝馬。父はブライアンズタイムで、母はバウンドトゥダンス(その父Northern Dancer)。主な勝ち鞍はオークス。

に亡くなった馬

フジキセキ(23歳)

フジキセキは1992年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はミルレーサー(その父Le Fabuleux)。主な勝ち鞍は朝日杯3歳S。

引退後は種牡馬となり、産駒にイスラボニータ(皐月賞、ダービー2着)、サダムパテック(マイルCS、皐月賞2着)、ダノンシャンティ(NHKマイルC)などがいる。

マサラッキ(22歳)

マサラッキは1993年生まれの牡馬。父はマグニテュードで、母はローズエントリー(その父カジュン)。主な勝ち鞍は高松宮記念。

マンハッタンカフェ(17歳)

マンハッタンカフェは1998年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はサトルチェンジ(その父Law Society)。現役時代は有馬記念、天皇賞春、菊花賞に勝つなどした。

引退後は種牡馬となり、産駒にヒルノダムール(天皇賞春)、ジョーカプチーノ(NHKマイルC)、クイーンズリング(エリザベス女王杯、有馬記念2着)などがいる。

オグリローマン(24歳)

オグリローマンは1991年生まれの牝馬。父はブレイヴェストローマンで、母はホワイトナルビー(その父シルバーシャーク)。主な勝ち鞍は桜花賞。

スズカマンボ(14歳)

スズカマンボは2001年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はスプリングマンボ(その父Kingmambo)。主な勝ち鞍は天皇賞春。

引退後は種牡馬となり、産駒にメイショウマンボ(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯)、サンビスタ(チャンピオンズC、JBCレディスC-地)などがいる。

ステイゴールド(21歳)

ステイゴールドは1994年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はゴールデンサッシュ(その父ディクタス)。香港ヴァーズの勝利のほか、ドバイシーマC2着-G2などの活躍を見せた。

引退後は種牡馬となり、産駒にレインボーライン(天皇賞春、菊花賞2着)、フェノーメノ(天皇賞春2回)、ゴールドシップ(有馬記念、天皇賞春、皐月賞、菊花賞、宝塚記念2回)などがいる。

ジェニュイン(23歳)

ジェニュインは1992年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はクルーピアレディー(その父What Luck)。現役時代は皐月賞、マイルCSに勝つなどした。