種牡馬

オルフェーヴルの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】

オルフェーヴル(Orfevre)の種牡馬情報です。

オルフェーヴルについて

金色の暴君、牝馬に阻まれた凱旋門賞

史上7頭目の三冠馬。他の三冠馬とは趣を異にし、皐月賞前まで6戦2勝と負け越している。皐月賞も4番人気。気性の悪さも一因だが、レースを経験して成長していったといえる。完勝の皐月賞以後はすべて1番人気に推された(海外除く)。三冠達成後の有馬記念は、古馬との初対戦。強敵と目されたブエナビスタが早々に失速となり、オルフェーヴルの力量を確認するだけのレースとなった。

国内では抜けた存在となり、陣営が目指したのは世界一、凱旋門賞制覇だった。最初の年は本当に惜しい2着で、一度は完全に抜け出して皆が勝利を確信したが、ゴール手前で内ラチに突っ込むように斜行。急失速し、ソレミアの強襲に敗れた。翌年は現地でも高い評価を受ける状態での出走だったが、トレヴに引き離されての2着に終わった。トレヴは翌年、凱旋門賞連覇を果たし、歴代屈指と評される名牝、相手が悪かった。

略歴

  • 2008年 白老ファーム生産
  • 2011年 三冠達成、年度代表馬に選出
  • 2014年 種牡馬として供用開始
  • 2015年 顕彰馬に選出

主な競争成績

21戦12勝 2着6回

  1. 皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念2回、宝塚記念、フォワ賞2回(仏G2)
  2. 凱旋門賞2回、ジャパンC

種付け料の推移と種付け頭数

初年度から牡牝のG1馬が誕生したが、中間層が薄く、種付け条件は悪化した。父同様に産駒は晩成傾向をみせており、評価が改まるまで時間がかかった。2021年度は人気が戻ってくると予想される。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2020年 165頭 300万円(受胎確認後)
2019年 52頭 400万円(受胎確認後) 10位
2018年 136頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 13位
2017年 191頭 151頭 600万円(前納、不受胎時全額返還) 64位
2016年 244頭 163頭 600万円(前納、不受胎時全額返還)
2015年 256頭 156頭 600万円(前納、不受胎時全額返還)
2014年 244頭 600万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

社台スタリオンステーション

注目幼駒、種付け牝馬

現状は優先的に実績ある牝馬が回ってくる環境にはない。ラッキーライラックエポカドーロの母父はともにミスタープロスペクター系種牡馬。

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

オルフェーヴルの2歳産駒(2020年 デビュー予定)

  • アルーリングボイス の2018
    一口総額3600万円
    母実績ファンタジーS-G3
    生 産社台白老ファーム
    馬 主サンデーレーシング
    調教師藤岡健一 (栗東)
    登録名アルーリングギフト
  • カウアイレーン の2018
    社Fセール6400万円
     兄 ステイフーリッシュ(京都新聞杯-G2)
    生 産社台ファーム
    登録名ゲヴィナー
  • シェルズレイ の2018
    NFセール7600万円
     兄 シャイニングレイ(ホープフルS-G2)
    生 産ノーザンファーム
    登録名サトノブラーヴ
  • デプロマトウショウ の2018
    一口総額4180万円
    生 産桑田牧場
    馬 主広尾レース
    調教師池江泰寿 (栗東)
    登録名ヴィジャーヤ
  • フォンタネリーチェ の2018
    NFセール8800万円
    生 産ノーザンファーム
  • ギャビーズゴールデンギャル の2018
    社F母G1
    母実績エイコーンS-米
    生 産社台ファーム
  • コズミックショア の2018
    NFセール6000万円一口総額6000万円
    生 産ノーザンファーム
    馬 主DMMドリームクラブ
    調教師斎藤誠 (美浦)
    登録名ヴォリーダ
  • ネヴァーピリオド の2018
    姉G1ストレイトガール(ヴィクトリアM2回)
    生 産ASK STUD
    登録名ブロンドアスク
  • フィールザレース の2018
    NF母G1一口総額2000万円
    母実績CEスプリント-亜
    生 産ノーザンファーム
    馬 主キャロットファーム
    調教師今野貞一 (栗東)
    登録名フィールザウィンド
  • ベルアリュール2 の2018
    NF姉G1アドマイヤリード(ヴィクトリアM)一口総額2500万円
    母実績ヴァントー賞-仏G3
    生 産ノーザンファーム
    馬 主シルクレーシング
    調教師斉藤崇史 (栗東)
    登録名アイリッシュベル
  • ユーロシャーリーン の2018
    NF母G1
    母実績ビヴァリーディS-米
    生 産ノーザンファーム


オルフェーヴルの1歳産駒(2021年 デビュー予定)

  • タイキオードリー の2019
    セール2300万円
    生 産下河辺牧場
  • ホエールキャプチャ の2019
    母G1セール4600万円
    母実績ヴィクトリアM
    生 産千代田牧場
  • ラッドルチェンド の2019
    NFセール7800万円
    生 産ノーザンファーム
  • バルドウィナ の2019
    社F姉G1ジュエラー(桜花賞)
    母実績ペネロープ賞-仏G3
    生 産社台ファーム
  • ライラックスアンドレース の2019
    母G1姉G1ラッキーライラック(大阪杯)
    母実績アシュランドS-米
    生 産ケイアイファーム

オルフェーヴルの当歳産駒(2022年 デビュー予定)

  • ライラックスアンドレース の2020
    NF母G1姉G1ラッキーライラック(大阪杯)
    母実績アシュランドS-米
    生 産ノーザンファーム

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
1億
7000万円
ホエールキャプチャ
 の2016
アルママ
1億
500万円
パレスルーマー
 の2017
アイアンバローズ
1億円 プリティカリーナ
 の2016
ジャミールフエルテ
3400万円 ダイワパッション
 の2015
エポカドーロ 皐月賞
3200万円 ベルベットローブ
 の2017
シャインガーネット ファルコンS

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
36億
4800万円
90 4053万円 81.8 %

セレクトセール累計額(母父)

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
1300万円 1 1300万円 50.0 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 32.8 %
重賞馬 6 頭
重賞数 10 勝
重賞馬率 1.3 %

代表産駒(子供)

2017年産

  • オーソリティ(青葉賞-G2)
  • シャインガーネット(ファルコンS-G3)

2015年産

  • エポカドーロ(皐月賞,ダービー2着)
  • ラッキーライラック(大阪杯,エリザベス女王杯)
  • サラス(マーメイドS-G3)
  • ロックディスタウン(札幌2歳S-G2)

血統(牝系・サイアーライン)

オルフェーヴルの成長力はノーザンテーストのクロス4×3の影響か。父ステイゴールドと母父メジロマックイーンのペアでは全兄ドリームジャーニーゴールドシップと3頭のG1馬が誕生しており、相性は良い。

血統表

オルフェーヴルの血統表
ステイゴールド
サンデーサイレンス
Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ
ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート
メジロマックイーン
メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート
ノーザンテースト
グランマスティーヴンス

ノーザンテースト 4×3

牝系図(fn.8-c)

グランマスティーヴンス
エレクトロアート
||オリエンタルアート
|||ドリームジャーニー(有馬記念,宝塚記念,朝日杯FS)
|||オルフェーヴル(三冠,有馬記念2回,宝塚記念)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002

ステイゴールド系

ステイゴールド 1994
|ドリームジャーニー 2004
|ナカヤマフェスタ 2006
オルフェーヴル 2008
ゴールドシップ 2009
|フェノーメノ 2009
|レインボーライン 2013