種牡馬

種牡馬の評価は、産駒の重賞馬率をみればいい。ランキング上位は高額馬ばかり。

種牡馬の優秀さをはかる指標はいくつかありますが、ほどよい競馬では産駒の重賞馬率を推奨します。デビューした産駒がどれだけ重賞馬となるかの割合なのですが、これが結構しっくりきます。

産駒の重賞馬率ランキング

種牡馬の統計は勝利数や賞金でのランキングが主ですが、下級条件をいくつ勝っても種牡馬の評価はあがりません。やはり種牡馬の評価に直結するのは重賞レースにおける産駒の活躍です。

種牡馬の価値を高める産駒だけを評価。

ではランキングです。重賞馬が10頭以上の種牡馬の成績を集計しました。トニービンのデビュー(1992年)以後の種牡馬が対象です。

馬名 重賞馬率 産駒数 重賞馬 重賞数 勝馬率
サンデーサイレンス 10 % 1351 頭 136 頭 307 勝 66.6 %
ディープインパクト 8.3 % 1210 頭 101 頭 187 勝 61.6 %
キングカメハメハ 3.6 % 1385 頭 50 頭 107 勝 46.7 %
トニービン 3.4 % 775 頭 27 頭 61 勝 51.2 %
ブライアンズタイム 3.2 % 1284 頭 42 頭 81 勝 48.8 %
ステイゴールド 3.2 % 1130 頭 37 頭 84 勝 35.2 %
アグネスタキオン 3 % 973 頭 30 頭 55 勝 46.9 %
ハーツクライ 2.7 % 923 頭 25 頭 48 勝 44.2 %
フジキセキ 2.5 % 1461 頭 37 頭 75 勝 42.1 %
マンハッタンカフェ 2.4 % 1244 頭 30 頭 49 勝 36.9 %
ハービンジャー 2 % 540 頭 11 頭 19 勝 32.7 %
ゼンノロブロイ 1.9 % 810 頭 16 頭 21 勝 38 %
サクラバクシンオー 1.8 % 1209 頭 22 頭 42 勝 48.1 %
フレンチデピュティ 1.8 % 812 頭 15 頭 29 勝 42.7 %
ダイワメジャー 1.8 % 862 頭 16 頭 33 勝 46.9 %
ダンスインザダーク 1.8 % 1420 頭 26 頭 46 勝 32.7 %
ジャングルポケット 1.7 % 1001 頭 18 頭 34 勝 28.9 %
スペシャルウィーク 1.7 % 1035 頭 18 頭 35 勝 37.6 %
オペラハウス 1.6 % 591 頭 10 頭 31 勝 26.9 %
シンボリクリスエス 1.5 % 1279 頭 20 頭 31 勝 36.4 %
タニノギムレット 1.4 % 893 頭 13 頭 24 勝 26.2 %
ネオユニヴァース 1.3 % 1087 頭 15 頭 29 勝 35 %
クロフネ 1.3 % 1373 頭 18 頭 35 勝 41.6 %
グラスワンダー 1.2 % 890 頭 11 頭 25 勝 22.9 %
ゴールドアリュール 1 % 959 頭 10 頭 21 勝 41.1 %
タイキシャトル 0.9 % 1061 頭 10 頭 18 勝 36 %


数字について

対象は中央競馬の所属馬。対象競走は中央競馬の平地競走のみ、障害レースは除きます。障害の重賞をいくつ勝っても繁殖入りできるわけではないので。

重賞馬率

1回でも出走したこともある馬のうち、重賞を1勝以上した馬の割合。

出走馬

一度でもレースを走ったことのある馬。

重賞馬

重賞レースを制した頭数。1頭が複数勝った場合のカウントは1。

重賞数

産駒が制した重賞レースの数。

勝馬率

1回でも出走したこともある馬のうち、1勝以上をあげた馬の割合。

注意点

  • 2000年前後と比べて一世代の産駒数は増えている。加えて年間の重賞数も増加しているため、近年の種牡馬のほうが数字が高くなりやすい。
  • デビュー後間もない種牡馬の数値はアテにならない

解説

表をみていただければ、あとはあまり語ることはないのですが、少しだけ…

まず重賞馬を10頭も出せれば、種牡馬としては合格点です。だって何百頭といた種牡馬のなかで30頭もいないんですよ。

サンデーサイレンス

サンデーサイレンスの重賞馬率は約10%。これは中央競馬でデビューさえすれば1割の確率で重賞馬になるということを意味します。とんでもない数字です。あらためてサンデーサイレンスの偉大さを感じます。

サンデーサイレンスはやはり別格。

ディープインパクト

ディープインパクトの8%も相当に高い。キングカメハメハともこんなに差があるんです。計算するまでわかりませんでした。最高4000万円の種付け料も頷けます。さすがに父サンデーサイレンスには及びませんが、十分に抜きんでた数字です。

4000万円はダテじゃない。

一流種牡馬の目安は重賞馬率3%

3%を超える種牡馬もほんのわずかです。このクラスであればリーディングサイアー級といえます。

デビュー50頭に1頭が重賞を勝つ2%でも十分に威張れる数字です。2%以上の馬はみな高額種牡馬なので納得できるでしょう。

勝馬率は低くてもいいじゃない

勝馬率が低く重賞馬率が高い種牡馬は、安定性に欠けるが大物を出すタイプです。ステイゴールドはイメージぴったりですね。夢があっていいです。

最後に

重賞10頭の掲載基準に近い現役種牡馬のリンクを張っておきます。