種牡馬

キズナの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】

キズナ(Kizuna)の種牡馬情報です。

キズナについて

価値ある英ダービー馬への先着

賞金加算が順調にいかず皐月賞は回避。強烈な差し脚が評価され、皐月賞組を差し置いてダービーでは1番人気に支持される。最内枠から後方に下げ、プラン通りの末脚勝負。直線なかなか前が開かなかったが、視界が開けるとエピファネイア以下をねじ伏せた。

秋は菊花賞を回避し、フランス遠征。前哨戦3歳限定ニエル賞は、イギリスダービー馬ルーラーオブザワールドの猛追を抑え金星を挙げる。もう一頭の日本馬オルフェーヴルと過去最強布陣で挑んだ凱旋門賞だったが、フランスの3歳牝馬トレヴの前に夢は散り、4着に終わる。

略歴

  • 2010年 ノースヒルズ生産
  • 2016年 種牡馬として供用開始

主な競争成績

14戦7勝

  1. ダービー、ニエル賞(仏G2)
  2. 凱旋門賞

種付け料の推移と種付け頭数

初年度産駒は次々に重賞を勝ち、父ディープインパクトの後継の地位を確保したかに映る。マイルから中距離に強いが、スプリントでも重賞を勝っておりスピード能力は高い。あとは大物誕生を待つばかり。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2021年 満口 1000万円(受胎確認後)
2020年 242頭 600万円(受胎確認後) 8位
2019年 164頭 113頭 350万円(受胎確認後) 37位
2018年 152頭 138頭 350万円(受胎確認後)
2017年 212頭 184頭 250万円(受胎確認後)
2016年 269頭 250万円(受胎確認後)

繋養地(牧場)

社台スタリオンステーション

注目幼駒、種付け牝馬

2020年でようやく繁殖牝馬にも恵まれ、これからが本番。コントレイルが種牡馬入りするまではディープインパクト系のみならず、サンデーサイレンス系の代表馬として君臨するだろう。

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

キズナの2歳産駒(2021年 デビュー予定)

  • ウォークロニクル の2019
    NFセール3100万円
    生 産ノーザンファーム
  • ホームスイートホーム の2019
    セール2050万円
     兄 バーディバーディ(ユニコーンS-G3)
    生 産千代田牧場
  • フラニーフロイド の2019
    NFセール2500万円
    生 産ノーザンファーム


キズナの1歳産駒(2022年 デビュー予定)

  • エセンテペ の2020
    NFセール8400万円
    生 産ノーザンファーム
  • スカイフ の2020
    NFセール5600万円
    生 産ノーザンファーム
  • ラルナデミエル の2020
    セール4400万円
    生 産社台白老ファーム
  • サプレザ の2020
    NF母G1
    母実績サンチャリオットS3回-英
     兄 サトノインプレッサ(毎日杯-G3)
    生 産ノーザンファーム

キズナの2020年種付け繁殖牝馬

  • ウィルパワー
    NFG1産駒インディチャンプ(安田記念)
  • カンビーナ
    社FG1馬
  • キャンディネバダ
    社FG1馬
  • ザズー
    NFG1馬
  • シユーマ
    NFG1馬
  • シンハリーズ
    NFG1馬G1産駒シンハライト(オークス)
  • スターアイル
    NFG1産駒ミッキーアイル(マイルCS)
  • スターダムバウンド
    NFG1馬
  • フリーティングスピリット
    NFG1馬
  • ブラックエンブレム
    NFG1馬
  • ヘアキティー
    NFG1馬
  • ホエールキャプチャ
    G1馬
  • ライフフォーセール
    NFG1馬G1産駒ダノンファンタジー(阪神JF)
  • ロードクロサイト
    G1産駒コントレイル(三冠)

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
1億
3000万円
アドマイヤキラメキ
 の2018
トーセンアラン 半兄トーセンスターダム
8400万円 エセンテペ
 の2020

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
20億
3150万円
66 3078万円 92.9 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 42.8 %
重賞馬 7 頭
重賞数 10 勝
重賞馬率 2.5 %

代表産駒(子供)

2018年産

  • バスラットレオン(NZT-G2)
  • ファインルージュ(フェアリーS-G3)

2017年産

  • アブレイズ(フラワーC-G3)
  • ビアンフェ(函館2歳S-G3)
  • ディープボンド(阪神大賞典-G2)
  • クリスタルブラック(京成杯-G3)
  • マルターズディオサ(チューリップ賞-G3)

血統(牝系・サイアーライン)

年が離れているせいか認知度は低いが、半姉はファレノプシスである。となると近親は三冠馬ナリタブライアンと年度代表馬ビワハヤヒデである。三冠馬を生んだ牝系に三冠馬ディープインパクトを配合した血統。

ディープインパクトは母父ストームキャットと相性がよく、多くのG1馬を誕生させた。ストームキャットで早熟性とスピードの補強し、クラシックを目指した。ディープインパクトにアメリカ血統のスピード馬を配合したG1馬、特に牡馬は古馬になって伸び悩むことが多かった。ストームキャットをすでに内包しているキズナにとっては気がかりなことで、古馬になってからの成長力の見極めは大切。

血統表

キズナの血統表
ディープインパクト
サンデーサイレンス
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
Alzao
Burghclere
キャットクイル
Storm Cat
Storm Bird
Terlingua
Pacific Princess
Damascus
Fiji

牝系図(fn.13-a)

Pacific Princess(デラウェアオークス-米)
パシフィカス
||ビワハヤヒデ(天皇賞春,菊花賞,宝塚記念)
||ナリタブライアン(三冠,有馬記念)
||スペリオルパール
|||ラストインパクト(京都大賞典-G2,ジャパンC2着)
トロピカルサウンド2
||シルクユニバーサル
|||モンドインテロ(ステイヤーズS-G2)
|||セダブリランテス(中山金杯-G3)
キャットクイル
||ファレノプシス(桜花賞,秋華賞,エリザベス女王杯)
||Sunday Break(ピーターパンS-米G2)
||キズナ(ダービー)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||||エピファネイア 2010
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
|||||モーリス 2011
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
||||オルフェーヴル 2008
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002
||||キズナ 2010

ディープインパクト系

ディープインパクト 2002
|ダノンバラード 2008
|ダノンシャーク 2008
|トーセンラー 2008
リアルインパクト 2008
|ワールドエース 2009
|トーセンホマレボシ 2009
||ミッキースワロー 2014
ディープブリランテ 2009
|スピルバーグ 2009
キズナ 2010
サトノアラジン 2011
ミッキーアイル 2011
|トーセンスターダム 2011 豪
エイシンヒカリ 2011
リアルスティール 2012
|ダノンプラチナ 2012
グレーターロンドン 2012
サトノダイヤモンド 2013
|ディーマジェスティ 2013
シルバーステート 2013
|サングレーザー 2014
|サトノアレス 2014
|アドミラブル 2014
|アルアイン 2014
|フィエールマン 2015
|Saxon Warrior 2015 英
|ヘンリーバローズ 2015
|ロジャーバローズ 2016