種牡馬

トニービンの種牡馬成績とその子孫たち

トニービン(Tony Bin)の種牡馬情報です。

トニービンについて

遅咲きの凱旋門賞制覇。

イタリアで競走馬としてデビューする。4歳になると国内にライバルはいなくなり、格上の英仏に遠征。5歳時に前年2着だった凱旋門賞を優勝する。イタリア調教馬としては27年ぶりの勝利であった。次いでジャパンカップにも出走するもタマモクロスの5着に終わる。

略歴

  • 1983年 アイルランド産
  • 1989年 種牡馬として供用開始
  • 1994年 リーディングサイアー
  • 1997年 産駒のエアグルーヴが年度代表馬に選出
  • 2000年3月10日(17歳)没

主な競争成績

27戦15勝 2着5回

  1. 凱旋門賞、伊ジョッキークラブ大賞、ミラノ大賞2回、共和国大統領賞2回
  2. 凱旋門賞、サンクルー大賞
  3. キングジョージ

種付け料の推移と種付け頭数

初年度産駒からダービー馬とオークス馬を出し、鮮烈なデビューを決める。ノースフライトがマイル戦線で活躍した1994年にはリーディングサイアーとなる。同時期にサンデーサイレンスがいるため、比較すると霞んで見えるが、歴代の種牡馬のなかでも上位の存在である。

左回りの東京競馬場で大半のG1勝利を積み上げており、屈指のサウスポーである。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2001年 4頭 2位
2000年 9頭 87頭 BOOK FULL 2位
1999年 124頭 94頭 1000万円(不受胎時800万円返還) 2位
1998年 129頭 119頭 BOOK FULL 2位
1997年 155頭 128頭 BOOK FULL 3位
1996年 159頭 114頭 Private 3位
1995年 138頭 94頭 Private 4位
1994年 117頭 94頭 Private 1位
1993年 111頭 50頭 BOOK FULL 2位
1992年 62頭 58頭 117位
1991年 67頭 54頭
1990年 65頭 45頭
1989年 57頭

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 51.2 %
重賞馬 27 頭
重賞数 61 勝
重賞馬率 3.4 %

代表産駒

1999年産

  • テレグノシス(NHKマイルC,安田記念2着)
  • レニングラード(アルゼンチン共和国杯-G2)

1998年産

  • レディパステル(オークス)
  • ジャングルポケット(ジャパンC,ダービー)

1997年産

  • マックロウ(京都記念-G2)

1995年産

  • ロードクロノス(中京記念-G3)

1993年産

  • エアグルーヴ(天皇賞秋,オークス)

1991年産

  • オフサイドトラップ(天皇賞秋)

1990年産

  • ベガ(桜花賞,オークス)
  • ノースフライト(安田記念,マイルCS)
  • サクラチトセオー(天皇賞秋)
  • ウイニングチケット(ダービー)
  • アイリッシュダンス(新潟記念-G3)

BMS(母父)の代表産駒

2015年産

  • フロンティア(新潟2歳S-G3)ダイワメジャー

2012年産

  • アレスバローズ(CBC賞-G3)ディープインパクト

2011年産

  • ハギノハイブリッド(京都新聞杯-G2)タニノギムレット

2010年産

  • コパノリチャード(高松宮記念)ダイワメジャー
  • サトノノブレス(日経新春杯-G2)ディープインパクト
  • クロフネサプライズ(チューリップ賞-G3,阪神JF2着)クロフネ
  • シャトーブランシュ(マーメイドS-G3)キングヘイロー

2009年産

  • クランモンタナ(小倉記念-G3)ディープインパクト

2008年産

  • グルヴェイグ(マーメイドS-G3)ディープインパクト
  • デスペラード(ステイヤーズS-G2)ネオユニヴァース
  • レッドデイヴィス(毎日杯-G3)アグネスタキオン
  • バウンシーチューン(フローラS-G2)ステイゴールド

2007年産

  • カレンチャン(スプリンターズS,高松宮記念)クロフネ
  • ルーラーシップ(Qエリザベス2世C-香,宝塚記念2着)キングカメハメハ
  • フラガラッハ(中京記念-G3)デュランダル
  • ネオヴァンドーム(きさらぎ賞-G3)ネオユニヴァース

2006年産

  • トランセンド(ジャパンCダート2回,ドバイワールドC2着)ワイルドラッシュ
  • サニーサンデー(福島記念-G3)マーベラスサンデー
  • フォゲッタブル(ステイヤーズS-G2,菊花賞2着)ダンスインザダーク
  • テイエムオーロラ(府中牝馬S-G3)マンハッタンカフェ

2005年産

  • アーネストリー(宝塚記念)グラスワンダー
  • キャプテントゥーレ(皐月賞)アグネスタキオン
  • コパノジングー(目黒記念-G2)アグネスタキオン
  • スプリングソング(京阪杯-G3)サクラバクシンオー
  • ウォータクティクス(アンタレスS-G3)ウォーエンブレム
  • クリールパッション(エルムS-G3)ワイルドラッシュ

2004年産

  • ヴィクトリー(皐月賞)ブライアンズタイム
  • ショウワモダン(安田記念)エアジハード
  • メリッサ(北九州記念-G3)ホワイトマズル
  • ミリオンディスク(カペラS-G3)アフリート
  • アルティマトゥーレ(セントウルS-G2)フジキセキ

2003年産

  • ショウナンタキオン(新潟2歳S-G3)アグネスタキオン

2002年産

  • ブライトトゥモロー(新潟大章典-G3)フレンチデピュティ

2001年産

  • ハーツクライ(有馬記念,ドバイSC)サンデーサイレンス
  • ダンスアジョイ(小倉記念-G3)ダンスインザダーク
  • アドマイヤモナーク(日経新春杯-G2,有馬記念2着)ドリームウェル

2000年産

  • アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2回,秋華賞2着)サンデーサイレンス

1999年産

  • アドマイヤドン(フェブラリーS,朝日杯FSなど地含めG1を7勝)ティンバーカントリー

1997年産

  • アドマイヤボス(セントライト記念-G2)サンデーサイレンス

1996年産

  • アドマイヤベガ(ダービー)サンデーサイレンス

血統(牝系・サイアーライン)

トニービンは父だけでなく母父としても成功を収めた。これは傍流血統であることが理由の一つである。前後の世代に活躍した種牡馬にゼダーンハイペリオンの血統を内包する馬は少なく、配合時にアウトクロスとなりやすい血統構成は多くの生産者に歓迎された。

血統表

トニービンの血統表
カンパラ
Kalamoun
ゼダーン
Khairunissa
State Pension
オンリーフォアライフ
Lorelei
Severn Bridge
Hornbeam
Hyperion
Thicket
Priddy Fair
Preciptic
Campanette

牝系図(fn.19-b)

Priddy Fair
Severn Bridge
||トニービン(凱旋門賞,伊ジョッキークラブ大賞,ミラノ大賞-伊)

サイアーライン

Nasrullah 1940 英
|Grey Sovereign 1948 英
||ゼダーン 1965 仏
|||Kalamoun 1970 仏
||||カンパラ 1976 英
|||||トニービン 1983 伊
||||||ジャングルポケット 1998
|Princely Gift 1951 英
||テスコボーイ 1963 英
|||トウショウボーイ 1973
|||サクラユタカオー 1982
||||サクラバクシンオー 1989
|Red God 1954 米
||Blushing Groom 1974 仏
|||Rahy 1985 米
|||Nashwan 1986 英
||||バゴ 2001 仏
|Bold Ruler 1954 米
||Boldnesian 1963 米
|||Bold Reasoning 1968 米
||||Seattle Slew 1974 米
|||||A.P. Indy 1989 米
||||||Pulpit 1994 米
|||||||Tapit 2001 米
|||||||パイロ 2005 米
||||||Old Trieste 1995 米
|||||||シニスターミニスター 2003 米
||||||マジェスティックウォリアー 2005 米
||Secretariat 1970 米

トニービン系(子系統)

トニービン 1983 伊
|サクラチトセオー 1990
ジャングルポケット 1998
||オウケンブルースリ 2005
||トーセンジョーダン 2006