ファミリーナンバー

ファミリーナンバー 6号族(fn.6)【競馬/血統/牝系】

6号族の主な活躍馬を分岐ごとにまとめています。有力牝系については個別に紹介しています。

  • 活力のある牝系の発見
  • 近親関係の発見

にお役立てください。なお、最近の活躍馬は2005年以降に生まれた重賞馬を対象としています。

ファミリーナンバー 6-a

代表馬

メイセイオペラ(フェブラリーS,帝王賞-地,南部杯-地)1994
ツルマルボーイ(安田記念,天皇賞秋2着)1998
ハーツクライ(有馬記念,ドバイSC)2001
テスタマッタ(フェブラリーS)2006
ミッキーアイル(マイルCS,NHKマイルC)2011
ノンコノユメ(フェブラリーS,ジャパンダートダービー-地)2012
アエロリット(NHKマイルC)2014
ラッキーライラック(大阪杯,エリザベス女王杯)2015

近年の活躍馬

ウーマンズハート(新潟2歳S-G3)
ランスオブプラーナ(毎日杯-G3)
テイエムジンソク(東海S-G2,チャンピオンズC2着)
オメガハートロック(フェアリーS-G3)
ティーハーフ(函館スプリントS-G3)
オメガハートランド(フラワーC-G3)
アンバルブライベン(シルクロードS-G3)
ナカヤマナイト(オールカマー-G2)
ペルーサ(青葉賞-G2,天皇賞秋2着)

有力牝系

マイビューパーズ系 1967

牝系を表示する

マイビューパーズは米13戦未勝利。その初仔マイジュリエットは米チャンピオンスプリンター。ステラマドリッド系統は近年G1馬を連発している注目牝系。

このファミリーで最初に活躍したのはダイヤモンドビコー。第1回セレクトセールで牝馬の最高値となる1億7500万円で落札された。重賞通算4勝、2002年には最優秀古馬牝馬にも輝いている。

My Bupers
My Juliet(ヴォスバーグH-米G2)
||Tis Juliet(シュヴィーH-米)
||ステラマドリッド(エイコーンS-米,フリゼットS-米などG1を4勝)
|||Refinement
||||ライラックスアンドレース(アシュランドS-米)
|||||ラッキーライラック(大阪杯,エリザベス女王杯)
|||アイルドフランス(ヒルズバーロウH-米G3,マルセルブサック賞2着-仏)
||||スターアイル
|||||ミッキーアイル(マイルCS,NHKマイルC)
||||アステリックス
|||||アエロリット(NHKマイルC)
|||ダイヤモンドビコー(ローズS-G2,エリザベス女王杯2着)
||マイサクセション
|||マイグリーン
||||マイディスカバリー
|||||テイエムジンソク(東海S-G2,チャンピオンズC2着)
|リファーズスペシャル(セプテンバーS-英G3)
ビューパーダンス
||アイリッシュダンス(新潟記念-G3)
|||ハーツクライ(有馬記念,ドバイSC)
|||オメガアイランド
||||オメガハートランド(フラワーC-G3)
||||オメガハートロック(フェアリーS-G3)
||レディータイクーン
|||ノンコ
||||ノンコノユメ(フェブラリーS,ジャパンダートダービー-地)
My Potters
||Winona(愛オークス)

ファミリーナンバー 6-b

代表馬

ヒシアケボノ(スプリンターズS)1992
アグネスワールド(ジュライC-英,アベイユドロンシャン賞-英)1995
コパノリチャード(高松宮記念)2010

近年の活躍馬

ブロードストリート(ローズS-G2,秋華賞2着)

有力牝系

ゴジラ系 1972

牝系を表示する
ゴジラは伊英12戦5勝。ファミリーに良血牝馬が多く、今後の発展が期待される。

アグネスワールドは、日本調教馬としてはじめてイギリスのG1を制した。

Godzilla
Phydilla(クインシー賞-仏G3)
||Mysteries
|||ヒシアケボノ(スプリンターズS)
|||アグネスワールド(ジュライC-英,アベイユドロンシャン賞-英)
||フィラストリート
|||ブロードストリート(ローズS-G2,秋華賞2着)
|ロイヤルスズカ(スワンS-G2)

ファミリーナンバー 6-e

代表馬

シンハライト(オークス,桜花賞2着)2013

近年の活躍馬

プリモシーン(東京新聞杯-G3,ヴィクトリアM2着)
リラヴァティ(マーメイドS-G3)
アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯-G3)
マジンプロスパー(CBC賞-G3)

有力牝系

シンハリーズ系 2002

牝系を表示する

シンハリーズは英米12戦3勝、デルマーオークスを勝っている。代表産駒のシンハライトは6戦5勝と底をみせずに引退した。良血牝馬が多く、これから期待の牝系。

シンハリーズ(デルマーオークス-米)
|アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯-G3)
リラヴァティ(マーメイドS-G3)
シンハライト(オークス,桜花賞2着)

ファミリーナンバー 6-f

代表馬

Grey Sovereign(リッチモンドS-英)1948

近年の活躍馬

スティッフェリオ(オールカマー-G2)
アンドリエッテ(マーメイドS-G3)