ファミリーナンバー

ファミリーナンバー 16号族(fn.16)【競馬/血統/牝系】

16号族の主な活躍馬を分岐ごとにまとめています。有力牝系については個別に紹介しています。

  • 活力のある牝系の発見
  • 近親関係の発見

にお役立てください。なお、最近の活躍馬は2005年以降に生まれた重賞馬を対象としています。

ファミリーナンバー 16

代表馬

ダンツシアトル(宝塚記念)1990

近年の活躍馬

メールドグラース(コーフィールドC-豪)
ベルラップ(京都2歳S-G3)

ファミリーナンバー 16-a

代表馬

シーザリオ(オークス,アメリカンオークス-米)2002
アロンダイト(ジャパンCダート)2003
エーシンフォワード(マイルCS)2005
ストレイトガール(ヴィクトリアM2回,スプリンターズS)2009
エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)2010
マリアライト(宝塚記念,エリザベス女王杯)2011
トーホウジャッカル(菊花賞)2011

近年の活躍馬

オーソリティ(青葉賞-G2)
サートゥルナーリア(皐月賞,ホープフルS)
クリソベリル(チャンピオンズC)
サンダースノー(ドバイワールドC2回,ジャンプラ賞-仏)
ダンビュライト(京都記念-G2)
ブラックスピネル(東京新聞杯-G3)
リオンディーズ(朝日杯FS)
アンビシャス(大阪杯-G2)
リアファル(神戸新聞杯-G2)
スイートサルサ(福島牝馬-G3)

クリソライト(ジャパンダートダービー-地)
トーホウアマポーラ(CBC賞-G3)
ムスカテール(目黒記念-G2)

有力牝系

キャサリーンパー系1987

牝系を表示する

キャサリンパーは仏9戦未勝利、G3で2着が2回ある。社台グループが繁殖牝馬として輸入した。輸入前に3頭の産駒がおり、ジャパンCダートを勝った代表産駒アロンダイトは10番仔にあたる。

娘のクリスプレーズは23戦3勝と2勝クラスの馬だったが、繁殖牝馬として大きな成果を残している。

キャサリーンパー
タンザナイト
||モルガナイト
|||ブラックスピネル(東京新聞杯-G3)
||ダンビュライト(京都記念-G2)
クリソプレーズ
||クリソライト(ジャパンダートダービー-地)
||マリアライト(宝塚記念,エリザベス女王杯)
||リアファル(神戸新聞杯-G2)
||クリソベリル(チャンピオンズC)
|アロンダイト(ジャパンCダート)

ファミリーナンバー 16-b

近年の活躍馬

シャトーブランシュ(マーメイドS-G3)
レッドディザイア(秋華賞,オークス2着)

ファミリーナンバー 16-c

代表馬

ビワハイジ(阪神3歳牝馬S)1993
マンハッタンカフェ(有馬記念,天皇賞春,菊花賞)1998
ヒシミラクル(天皇賞春,菊花賞,宝塚記念)1999
ブエナビスタ(ジャパンC,オークスなどG1を6勝)2006
マイネルホウオウ(NHKマイルC)2010
ソウルスターリング(オークス,阪神JF)2014

近年の活躍馬

サリオス(朝日杯FS)
サトノフェイバー(きさらぎ賞-G3)
サングレアル(フローラS-G2)
スマートオリオン(中京記念-G3)
ダービーフィズ(函館記念-G3)
ジョワドヴィーヴル(阪神JF)
トーセンレーヴ(エプソムC-G3)
クレスコグランド(京都新聞杯-G2)
アプリコットフィズ(クイーンC-G3)

有力牝系

サンタルチアナ系1973

牝系を表示する

サンタルチアナは独6戦1勝。ドイツダービー、ドイツオークス、ベルリン大賞を圧勝した牝馬シュヴァルツゴルトから続くドイツの名牝系。ドイツ馬は母と同じイニシャルにする慣習があり、イニシャルSの馬が並ぶ。

ビワハイジは父カーリアンの持込馬。エアグルーヴを下し2歳女王となった。娘のブエナビスタは4年連続でJRA賞を獲得した名牝。

Schwarzgold(独ダービー,独オークス)
Schwarzblaurot
||Scheherezade
|||Schonbrunn(独1000ギニー,独オークス)
||||Seneca
|||||Sagace(凱旋門賞,ガネー賞など)
||||Southern Seas
|||||Sophonisbe
||||||ザグレブ(愛ダービー)
||Suleika
|||Sabera(独オークス)
||||スタイヴァザント(独ダービー,ミラノ大賞-伊)
|||Sayonara(独オークス2着)
||||Slip Anchor(英ダービー)
|||Santa Luciana
||||アグサン
|||||ビワハイジ(阪神3歳牝馬S)
||||||アドマイヤオーラ(弥生賞)
||||||ブエナビスタ(ジャパンC,オークスなどG1を6勝)
||||||トーセンレーヴ(エプソムC-G3)
||||||ジョワドヴィーヴル(阪神JF)
||||||サングレアル(フローラS-G2)
||||サトルチェンジ
|||||エアスマップ(オールカマー-G2)
|||||マンハッタンカフェ(有馬記念,天皇賞春,菊花賞)
|||||マンハッタンフィズ
||||||アプリコットフィズ(クイーンC-G3)
||||||クレスコグランド(京都新聞杯-G2)
||||||ダービーフィズ(函館記念-G3)

ファミリーナンバー 16-d

近年の活躍馬

ルージュバック(毎日王冠-G2,オークス2着)
カレンミロティック(金鯱賞-G2,天皇賞春2着)
ヒカルアマランサス(京都牝馬S-G3,ヴィクトリアM2着)

ファミリーナンバー 16-e

近年の活躍馬

タンタアレグリア(AJCC-G2)

ファミリーナンバー 16-f

代表馬

ジェンティルドンナ(ジャパンC2回,有馬記念,牝馬三冠,ドバイシーマC)2009

近年の活躍馬

ロジャーバローズ(ダービー)
ドナウブルー(京都牝馬S,ヴィクトリアM2着)
コスモセンサー(アーリントンC-G3)

有力牝系

カルノーマズレディ系1987

牝系を表示する

カルノーマズレディは英17戦3勝。父リファーズスペシャルと母父ジュニアスはそれぞれ日本に種牡馬として輸入されたが、およそ成功とはいえない成績である。

ロジャーバローズがダービーを制したことにより、この牝系の注目度は高まった。良血牝馬が多く、今後の牝系発展が見込まれる。

Cal Norma’s Lady
ドナブリーニ(チェヴァリーパークS-英)
||ドナウブルー(京都牝馬S,ヴィクトリアM2着)
||ジェンティルドンナ(ジャパンC2回,有馬記念,牝馬三冠,ドバイシーマC)
リトルブック
||ロジャーバローズ(ダービー)

ファミリーナンバー 16-g

代表馬

ゼンノエルシド(マイルCS)1997
Dalakhani(凱旋門賞,仏ダービーなどG1を4勝)2000
サンテミリオン(オークス)2007
エイシンヒカリ(イスパーン賞,香港C)2011

近年の活躍馬

スマイルカナ(フェアリーS-G3)
ファンタジスト(京王杯2歳S-G2)
ケイアイレオーネ(シリウスS-G3)
テイエムイナズマ(デイリー杯2歳S-G2)
エーシントップ(NZT-G2)

ファミリーナンバー 16-h

代表馬

クモハタ(顕彰馬,ダービー,)1936
ハクチカラ(顕彰馬,ダービー,有馬記念,天皇賞秋)1953
スピードシンボリ(顕彰馬,有馬記念2回,天皇賞春,宝塚記念)1963
ダイナガリバー(ダービー,有馬記念)1983
ゴールドシップ(有馬記念,天皇賞春,皐月賞,菊花賞,宝塚記念2回)2009
サンビスタ(チャンピオンズC,JBCレディスC-地)2009
ラキシス(エリザベス女王杯)2010
サトノアラジン(安田記念)2011

近年の活躍馬

カデナ(弥生賞-G2)