種牡馬

キングヘイローの種付け料の推移と種牡馬成績

キングヘイロー(King Halo)の種牡馬情報です。

キングヘイローについて

クラシック制覇を期待された世界的良血だったが、まさかのスプリントのG1を制することになる。

クラシックはスペシャルウィークセイウンスカイ、古馬になってからはグラスワンダーエアジハードと同期のライバルたちにことごとく跳ね返された。菊花賞や有馬記念でも掲示板に載る走りを見せており、最後まで適正距離は不明のまま。

略歴

  • 1995年 協和牧場生産
  • 2001年 種牡馬として供用開始

主な競争成績

27戦6勝

  1. 高松宮記念
  2. 皐月賞、マイルCS
  3. 安田記念、スプリンターズS

種付け料の推移と種付け頭数

カワカミプリンセスが牝馬2冠を達成した翌2017年が種付け料の最高値。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 Private
2018年 21頭 50万円(出生条件)、30万円(受胎条件) 44位
2017年 46頭 47頭 50万円(出生条件)、30万円(受胎条件) 45位
2016年 84頭 65頭 50万円(受胎条件) 46位
2015年 110頭 71頭 50万円(受胎条件) 37位
2014年 97頭 75頭 100万円(受胎条件) 23位
2013年 108頭 66頭 100万円(受胎条件) 25位
2012年 101頭 66頭 150万円(受胎条件) 29位
2011年 91頭 67頭 150万円(受胎条件) 27位
2010年 93頭 85頭 200万円(受胎条件) 26位
2009年 109頭 90頭 250万円(受胎条件 ※遅延時300万円) 22位
2008年 126頭 106頭 250万円(受胎条件) 19位
2007年 163頭 128頭 350万円(受胎条件) 20位
2006年 174頭 90頭 180万円(出生条件)、150万円(受胎条件) 16位
2005年 127頭 72頭 150万円(受胎条件) 46位
2004年 101頭 92頭 120万円(受胎条件) 112位
2003年 130頭 85頭 120万円(受胎条件)
2002年 118頭 110頭 30万円前払、120万円(受胎条件)
2001年 136頭 30万円前払、120万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

優駿スタリオンステーション

注目幼駒、種付け牝馬

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

キングヘイローの2歳産駒(2019年 デビュー予定)

  • インプレッシヴ の2017
    セール560万円
    生 産千代田牧場
  • エーシンフォチュナ の2017
    セール470万円
    生 産中地義次
  • パールイアリング の2017
    セール700万円
    生 産大北牧場
    登録名ブルベアガロン
  • ボロンベルラルーン の2017
    一口総額700万円
    生 産三石川上牧場
    馬 主ターフ・スポート
    調教師佐々木晶 (栗東)


種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 30.6 %
重賞馬 7 頭
重賞数 13 勝
重賞馬率 0.9 %

代表産駒

2013年産

  • ダイアナヘイロー(阪神C-G2)
  • ダイメイプリンセス(アイビスSD-G3)

2010年産

  • シャトーブランシュ(マーメイドS-G3)

2009年産

  • クリールカイザー(AJCC-G2)

2008年産

  • メーデイア(JBCレディスクラシック-地)

2004年産

  • ローレルゲレイロ(スプリンターズS,高松宮記念)

2003年産

  • カワカミプリンセス(オークス,秋華賞)
  • ゴウゴウキリシマ(シンザン記念-G3)

BMS(母父)の代表産駒

2014年産

  • ジョーストリクトリ(NZT-G2)ジョーカプチーノ

2011年産

  • キングズガード(プロキオンS-G3)シニスターミニスター

血統(牝系・サイアーライン)

グッバイヘイローはケンタッキーオークスなど牝馬の王道路線で活躍した名牝。父ダンシングブレーヴは1980年代欧州最強といわれる名馬。どちらの血筋も大切につなげていきたいのだが、父系は継続が難しく、牝系も活躍馬に恵まれていない。

血統表

キングヘイローの血統表
ダンシングブレーヴ
Lyphard
Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess
Drone
Olmec
グッバイヘイロー
Halo
Hail to Reason
Cosmah
Pound Foolish
Sir Ivor
Squander

牝系図(fn.8-h)

Lady Be Good(コリーンS-米)
Discipline(テストS-米)
||Squander(ソロリティS-米)
|||Pound Foolish
||||グッバイヘイロー(ケンタッキーオークス-米などG1を7勝)
|||||キングヘイロー(高松宮記念)
|||ラシアンルーブル
Bold Example
||French Charmer(デルマーオークス-米G2)
|||Zilzal(Qエリザベス2世S-英,サセックスS-英)
Impish
||I Pass
|||マイニング(ヴォスバーグS-米)

サイアーライン

Northern Dancer 1961 加
|Vice Regent 1967 米
||Deputy Minister 1979 米
|||フレンチデピュティ 1992 米
||||クロフネ 1998
|Lyphard 1969 仏
||ダンシングブレーヴ 1983 英
|||ホワイトマズル 1990 英
|||キングヘイロー 1995
|ノーザンテースト 1971 仏
|Danzig 1977 米
||デインヒル 1986 英
|||Dansili 1996 仏
||||ハービンジャー 2006 英
||War Front 2002 米
|Nureyev 1977 仏
|Storm Bird 1978 愛
||Storm Cat 1983 米
|||ヘネシー 1993 米
||||ヨハネスブルグ 1999 愛
||||ヘニーヒューズ 2003 米
|||Tale of the Cat 1994 米
||||Gio Ponti 2005 米
|||||ドレフォン 2013 米
|||Giant’s Causeway 1997 愛
|Sadler’s Wells 1981 愛
||オペラハウス 1988 英
||El Prado 1989 愛
|||Medaglia d’Oro 1999 米
||Galileo 1998 愛
|||Frankel 2008 英
|Fairy King 1982 愛