セレクトセール

高額落札順!セレクトセール出身のG1馬 / 1位は2億4000万円の超高額馬

1998年に第1回が開催されたセレクトセール。幼駒の取引の透明性を高める試みがはじまってから20年を越える月日が経ち、数多くのG1馬が誕生しました。ディープインパクトキングカメハメハといった日本の競馬界を代表する名馬も多く輩出し、確固たる地位を築いたといえます。

今回はセレクトセール出身のG1馬を落札額とともに紹介していきます。注意事項は下部に記載しました。

セレクトセール、落札価格帯別G1馬率

まずは統計をみてみます。価格と実績は相関関係にありそうです。5000万円を越える馬は結構期待がもてます。

価格帯 総数 G1馬数 確率
3億以上 15 0 0.0 %
2億以上 75 3 4.0 %
1億以上 324 8 2.5 %
0.8-1億 201 5 2.5 %
5-8000万 682 13 1.9 %
3-5000万 1538 8 0.5 %
3000万未満 6421 15 0.2 %
主取 1998 4 0.2 %

では、高額馬から順にみていきます。

1億円以上

ワールドプレミア 2億4000万円

2016年 / 当歳牡馬
ディープインパクト
マンデラ母父Acatenango
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者大塚亮一
競走成績菊花賞
獲得賞金※2億7021万円

現時点でセレクトセール史上最高額のG1馬。母マンデラは独オークス3着馬。近親にマンデュロ(イスパーン賞、ジャックロマロワ賞、プリンスオブウェールズS)など。全兄ワールドエースはマイラーズC-G2優勝で皐月賞2着馬。

アドマイヤグルーヴ 2億3000万円

2000年 / 当歳牝馬
サンデーサイレンス
エアグルーヴ母父トニービン
販売者ノーザンファーム
購入者近藤利一
競走成績エリザベス女王杯2回,秋華賞2着
獲得賞金5億5133万円

天皇賞秋を勝利し、牝馬として26年ぶりの年度代表馬に輝いたエアグルーヴの初仔として注目を浴びた。落札額は当時の最高額。祖母ダイナカールから広がる牝系には活躍馬が多数。

アドマイヤグルーヴは牝馬三冠のすべてで1番人気に支持されたが、いずれもスティルインラブに敗れた。繁殖にあがり5番仔ドュラメンテが皐月賞とダービーの二冠を制した。これはダイナカールから4代続くG1制覇の偉業である。

サトノダイヤモンド 2億3000万円

2013年 / 当歳牡馬
ディープインパクト
マルペンサ母父Orpen
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者里見治
競走成績有馬記念,菊花賞
獲得賞金8億6512万円

マルペンサはアルゼンチン産の競走馬で、現地の芝とダートのG1をともに勝っている。その血統の特徴としてインブリードの濃さ(ヘイローの3×4、ノーザンダンサーの4×4、ナタルマの5x4x5)があげられる。近親にはアルゼンチンでの活躍馬が多数。

トーセンジョーダン 1億7000万円

2007年 / 1歳牡馬
ジャングルポケット
エヴリウィスパー母父ノーザンテースト
販売者ノーザンファーム
購入者(株)ジェイ・エイチ・エス
競走成績天皇賞秋,ジャパンC2着
獲得賞金7億506万円

近親にカンパニー(天皇賞秋、マイルCS)、レニングラード(アルゼンチン共和国杯-G2)。ビッグショウリ(マイラーズC-G2)など重賞での活躍馬が多数。

ジャングルポケット産駒で1億円を超えて落札された馬は2頭。もう1頭はトールポピー(オークス)、アベンチュラ(秋華賞)の両G1馬の母であるアドマイヤサンデーの1億円。

ラヴズオンリーユー 1億6000万円

2017年 / 1歳牝馬
ディープインパクト
ラヴズオンリーミー母父Storm Cat
販売者ノーザンファーム
購入者(株)DMM.com
競走成績オークス
獲得賞金※2億1565万円

祖母に世界のマイル女王ミエスクがいる牝系。全兄リアルスティールはドバイターフを制した。競り落とした(株)DMM.comは本年からセリに参加し、3頭を落札。

スワーヴリチャード 1億5500万円

2014年 / 当歳牡馬
ハーツクライ
ピラミマ母父Unbridled’s Song
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者(株)MMB
競走成績ジャパンC,大阪杯
獲得賞金8億9132万円

ピラミマはマル外として走ったが2戦未勝利に終わった。半兄バンドワゴンはきさらぎ賞-G3を2着。

サトノアラジン 1億3000万円

2011年 / 当歳牡馬
ディープインパクト
マジックストーム母父Storm Cat
販売者ノーザンファーム
購入者里見治
競走成績安田記念
獲得賞金4億5090万円

マジックストームはアメリカG2勝ち。1つ上の全姉ラキシス(エリザベス女王杯)は3000万円での落札されている。落札額に大きな差があるのは、ディープインパクトの初年度産駒のデビュー前だったことが主な要因。

ミッキークイーン 1億円

2013年 / 1歳牝馬
ディープインパクト
ミュージカルウェイ母父Gold Away
販売者ノーザンファーム
購入者野田みづき
競走成績オークス,秋華賞
獲得賞金5億1131万円

ミュージカルウェイはフランスの重賞を3勝し、香港Cで3着の実績がある。全兄トーセンマタコイヤ(ウェルカムS-1600万下)は9400万円、全妹ルールブリタニア(3戦1勝)は1億円、全弟ミュージカルウェイの2018(未出走)は3億6000万円と高額落札常連ファミリー。

5000万円~1億円

フサイチリシャール 9900万円

2003年 / 当歳牡馬
クロフネ
フサイチエアデール母父サンデーサイレンス
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者関口房朗
競走成績朝日杯FS
獲得賞金2億7,878万円

ダートの怪物クロフネの初年度産駒。母フサイチエアデールはエリザベス女王杯2着が2回、4歳牝馬特別-G2など重賞を4勝した。半姉にはライラプス(クイーンC-G3)。

ミッキーロケット 9200万円

2014年 / 1歳牡馬
キングカメハメハ
マネーキャントバイミーラヴ母父Pivotal
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者野田みづき
競走成績宝塚記念
獲得賞金4億2247万円

マネーキャントバイミーラヴは英ナッソーSで3着の実績。名牝系のマルガレーゼン系に属し、遠いがトレヴ(凱旋門賞2回)などど同牝系である。

ゼンノロブロイ 9000万円

2000年 / 当歳牡馬
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル母父マイニング
販売者白老ファーム
購入者(株)ティーエムインターナショナル
競走成績ジャパンC,有馬記念,天皇賞秋
獲得賞金11億1560万

ローミンレイチェルはアメリカのバレリーナHを勝ったG1馬。半姉ダーリンマイダーリンはアメリカダートマイルG1で2着を2回。

ダノンファンタジー 9000万円

2017年 / 1歳牝馬
ディープインパクト
ライフフォーセール母父Not For Sale
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者(株)ダノックス
競走成績阪神JF
獲得賞金※2億5220万円

ライフフォーセールはアルゼンチン産。現地のG1を2勝している。母父ノットフォーセールフォルティノ系でアルゼンチンのリーディングサイアー。同産駒のG1牝馬は他にもバラダセール(産駒にサトノフラッグ)、サファリミスミスセレンディピティがノーザンファームに輸入され、注目の血統といえる。

フサイチパンドラ 8700万円

2003年 / 当歳牝馬
サンデーサイレンス
ロッタレース母父Nureyev
販売者ノーザンファーム
購入者関口房朗
競走成績エリザベス女王杯
獲得賞金3億6,411万円

ロッタレースの半兄にはトライマイベスト(英デューハーストS、産駒にラストタイクーン)、エルグランセニュール(愛ダービー、産駒にロドリゴデトリアーノ)がいる。

サンデーサイレンスのラストクロップ。ロッタレースに5回連続してサンデーサイレンスを配合して生まれたのが当馬。なお、娘のアーモンドアイはシルクホースクラブの一口馬主で総額3000万円(6万円x500口)で募集された。

キングカメハメハ 7800万円

2001年 / 当歳牡馬
Kingmambo
マンファス母父ラストタイクーン
販売者ノーザンファーム
購入者金子真人
競走成績ダービー,NHKマイルC
獲得賞金4億2973万円

セレクトセール出身ではじめてのダービー馬。種牡馬となってからの活躍は語るまでもない。近年の日本競馬の礎となった1頭。

キングマンボは凱旋門賞を2着したエルコンドルパサーと同じ。母馬が胎内に仔馬を宿した状態で輸入し日本国内で生まれた、いわゆる持込馬である。母マンファスはイギリスで7戦未勝利、半兄ザデピュティはアメリカのサンタアニタダービーを勝っている。当馬は4番仔。

ロジャーバローズ 7800万円

2016年 / 当歳牡馬
ディープインパクト
リトルブック母父Librettist
販売者(有)飛野牧場
購入者猪熊広次
競走成績ダービー
獲得賞金2億6875万円

リトルブックはイギリスで走り10戦未勝利だが、半姉ドナブリーニジェンティルドンナを生んだことから輸入された。母父リブレッティストダンチヒ直仔で、ジャックロマロワ賞とムーランドロンシャン賞を連勝した欧州のトップマイラー。

ミッキーアイル 7600万円

2012年 / 1歳牡馬
ディープインパクト
スターアイル母父ロックオブジブラルタル
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者野田みづき
競走成績マイルCS,NHKマイルC
獲得賞金5億2948万円

2010年代にG1馬を続けざまに出したマイビューパーズの牝系に属する。

ピンクカメオ 7100万円

2004年 / 当歳牝馬
フレンチデピュティ
シルバーレーン母父Silver Hawk
販売者(有)パカパカファーム
購入者金子真人
競走成績NHKマイルC
獲得賞金1億7,869万円

ディープブリランテなどで知られるパカパカファームの生産馬。ピンクカメオは初の重賞そしてG1をもたらした。NHKマイルカップはブービー17番人気の勝利で度肝を抜いた。半兄はスプリンターズS、安田記念を勝ったマル外ブラックホーク

アサクサキングス 7100万円

2004年 / 当歳牡馬
ホワイトマズル
クルーピアスター母父サンデーサイレンス
販売者社台ファーム
購入者田原源一郎
競走成績菊花賞,ダービー2着
獲得賞金5億1,255万円

クルーピアスターの全兄にジェニュイン(皐月賞、マイルCS)がいる。

マンハッタンカフェ 7000万円

1998年 / 当歳牡馬
サンデーサイレンス
サトルチェンジ母父Law Society
販売者社台ファーム
購入者関口房朗
競走成績有馬記念,天皇賞春,菊花賞
獲得賞金5億2283万円

セレクトセール出身としてはじめてのG1馬。フサイチで知られる関口房朗氏により落札されたが、その後所有が変わった。半兄にエアスマップ(オールカマー)、近親には後にブエナビスタを生むビワハイジ(阪神3歳牝馬S)など。

ディープインパクト 7000万円

2002年 / 当歳牡馬
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア母父Alzao
販売者ノーザンファーム
購入者金子真人
競走成績三冠,ジャパンC,有馬記念,天皇賞春,宝塚記念
獲得賞金14億5455万円

言わずと知れた日本競馬界の最高傑作ディープインパクト。彼もまたセレクトセールの出身である。

サンデーサイレンスの死去する約1か月前に行われた2002年のセレクトセール、サンデーサイレンス産駒としては10番目に高額となる7000万円で取引された。

ウインドインハーヘアは英オークス2着馬。前年に全兄のブラックタイドが9700万円の値がついていたことからすると、馬体ぶりでディスカウントされたかもしれない。デビュー5連勝でスプリンターズSを4着したマル外牝馬レディブロンドが半姉。

なお、この年の当歳の一番馬はダンスインザダークの全弟ダンシングキイの2002(父サンデーサイレンス)で3億3500万円。トーセンダンスと名付けられデビューしたが、1戦未勝利で競走生活を終えている。

アドマイヤマックス 7000万円

1999年 / 当歳牡馬
サンデーサイレンス
ダイナシュート母父ノーザンテースト
販売者ノーザンファーム
購入者近藤利一
競走成績高松宮記念,安田記念2着
獲得賞金3億5244万

ダイナシュートは七夕賞-G3勝ちの実績。全姉には桜花賞3着のホーネットピアス。活躍馬多数の社台ファンシミン牝系

ハットトリック 6800万円

2001年 / 当歳牡馬
サンデーサイレンス
トリッキーコード母父Lost Code
販売者追分ファーム
購入者齊藤四方司
競走成績マイルCS,香港マイル
獲得賞金2億3159万円

セレクトセール出身ではじめて海外のG1を制した。引退後は種牡馬として輸出され、主にアメリカで種付けをしている。代表産駒のダビルシムはフランスの2歳G1モルニ賞、ジャン・リュック・ラガルデール賞を連勝し、2歳馬ながらフランス年度代表馬に選出された。ほかにもアルゼンチンのG1馬を輩出するなど、日本から輸出された種牡馬としては傑出した実績をもつ。

ビリーヴ 6000万円

1998年 / 当歳牝馬
サンデーサイレンス
グレートクリスティーヌ母父Danzig
販売者(有)上水牧場
購入者前田幸治
競走成績スプリンターズS,高松宮記念
獲得賞金4億6031万円

この年のサンデーサイレンス産駒としては中程度の落札額。1998年のサンデーサイレンス産駒の牝馬で最高落札となったのはステラマドリッドの当歳で1億7500万円、のちにダイヤモンドビコーと名付けられ重賞を4勝した。

サトノクラウン 5800万円

2013年 / 1歳牡馬
Marju
ジョコンダ2母父Rossini
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者里見治
競走成績宝塚記念,香港ヴァーズ
獲得賞金4億8603万円

当馬は持込馬。母ジョコンダ2はアイルランドで8戦2勝、G3で3着の実績。半姉ライトニングパールはチェヴァリーパークS(英)を勝っているG1馬。父マルジュはイギリスのセントジェームスパレスSを優勝、ダービーでジェネラスの2着の実績がある。

サトノクラウンがダービーで3着となった直後のセレクトセールでは、半弟となるディープインパクト産駒(サトノヴィクトリー)が2億3500万円で取引された。

アドマイヤマーズ 5200万円

2017年 / 1歳牡馬
ダイワメジャー
ヴィアメディチ母父Medicean
販売者ノーザンファーム
購入者近藤利一
競走成績香港マイル,NHKマイルC
獲得賞金※2億7352万円

ヴィアメディチはフランスのG3リューリー賞の勝ち馬。

レインボーライン 5000万円

2014年 / 1歳牡馬
ステイゴールド
レーゲンボーゲン母父フレンチデピュティ
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者(有)三成社
競走成績天皇賞春,菊花賞2着
獲得賞金4億5046万円

半姉にアニメイトバイオ(ローズS-G2)、ホーマンフリップ(ファンタジーS2着-G3)。

レインボーラインがNHKマイルCで3着となった直後のセレクトセールではルーラーシップ産駒の半弟(コンキスタドール-5戦未勝利引退)が7200万円、天皇賞春優勝後ではブラックタイド産駒の半弟(ヒシハルク-未デビュー)が8600万円で取引された。活躍の度合いによって兄弟に高値がついていく顕著な例。

5000万円未満

アドマイヤリード 4600万円

2013年 / 当歳牝馬
ステイゴールド
ベルアリュール2母父Numerous
販売者ノーザンファーム
購入者近藤利一
競走成績ヴィクトリアM
獲得賞金2億4413万円

ベルアリュール2はフランスとアメリカでG3を制している。母父ニューメラスジェイドロバリーの全弟でアメリカのG3勝ちの実績。

アドマイヤジュピタ 4100万円

2003年 / 当歳牡馬
フレンチデピュティ
ジェイズジュエリー母父リアルシャダイ
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者近藤利一
競走成績天皇賞春
獲得賞金3億2657万円

母の半姉にプロモーション(クィーンS-G3)、その仔アドマイヤメイン(青葉賞-G2)が主な近親馬。

カレンブラックヒル 3400万円

2009年 / 当歳牡馬
ダイワメジャー
チャールストンハーバー母父Grindstone
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者鈴木隆司
競走成績NHKマイルC
獲得賞金3億3284万円

ダイワメジャーの初年度産駒。全弟モーゼス(17戦1勝)はセレクトセール1億円で落札。

エポカドーロ 3400万円

2015年 / 当歳牡馬
オルフェーヴル
ダイワパッション母父フォーティナイナー
販売者田上徹
購入者(株)ユニオンオーナーズクラブ
競走成績皐月賞,ダービー2着
獲得賞金2億7636万円

三冠馬オルフェーヴルの初年度産駒。母ダイワパッションはG2フィリーズレビュー優勝。

ディープブリランテ 3100万円

2009年 / 当歳牡馬
ディープインパクト
ラヴアンドバブルズ母父Loup Sauvage
販売者(有)パカパカファーム
購入者ノーザンファーム
競走成績ダービー
獲得賞金2億9205万円

ラヴアンドバブルズはフランスG3クロエ賞勝ち。同牝系にバブルガムフェロ―(天皇賞秋)、ザップザプレンティ(菊花賞)など。

全姉ハブルバブル(フラワーC2着-G3)は2900万円で取引されている。ディープブリランテのダービー優勝以後は、全妹パピーラヴが1億4500万円、全妹ラヴアンドドラゴン(7戦2勝)は1億500万円、そしてイギリスデビューの全妹Love Conquers(6戦1勝)が7800万円で落札された。

オウケンブルースリ 3000万円

2005年 / 当歳牡馬
ジャングルポケット
シルバージョイ母父Silver Deputy
販売者ノーザンファーム
購入者福井明
競走成績菊花賞,ジャパンC2着
獲得賞金5億386万円

同牝系に大種牡馬ミスタープロスペクター。全弟コスモジョイジョイ(中央未勝利)はセレクトセールで主取後、北海道サマーセールで651万円で取引された。

ラキシス 3000万円

2010年 / 当歳牝馬
ディープインパクト
マジックストーム母父Storm Cat
販売者ノーザンファーム
購入者レディオスコーポレーション
競走成績エリザベス女王杯
獲得賞金2億9598万円

マジックストームはアメリカG2勝ち。全弟サトノアラジンは1億3000万円。セレクトセール出身馬では唯一の姉弟G1馬。

ダノンシャーク 3000万円

2008年 / 当歳牡馬
ディープインパクト
カーラパワー母父Caerleon
販売者(有)下河辺牧場
購入者(株)ダノックス
競走成績マイルCS
獲得賞金4億8677万円

同牝系にモンジュー(凱旋門賞)。

ダノンシャンティ 2750万円

2007年 / 当歳牡馬
フジキセキ
シャンソネット母父Mark of Esteem
販売者ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
購入者(株)ダノックス
競走成績NHKマイルC
獲得賞金1億8573万円

名門グロリアスソング牝系。近親にヴィブロス(ドバイターフ)、シングスピール(ジャパンC)など。母シャンソネットはフランスで5戦未勝利、ダノンシャンティが唯一の産駒。

ウインクリューガー 2700万円

2000年 / 当歳牡馬
タイキシャトル
インヴァイト母父Be My Guest
販売者(有)リバーヴァレーファーム
購入者(株)ティーエムインターナショナル
競走成績NHKマイルC
獲得賞金2億524万円

タイキシャトルの初年度産駒で、最初の重賞勝ち馬でもある。今をときめくウインドインハーヘア牝系に属するが、三冠馬ディープインパクトが誕生するのは2年後でまだ注目度は低かった。

カレンチャン 2500万円

2007年 / 当歳牝馬
クロフネ
スプリングチケット母父トニービン
販売者社台ファーム
購入者鈴木隆司
競走成績スプリンターズS,高松宮記念
獲得賞金4億4906万円

半兄にスプリングソング(京阪杯-G3)、近親にタケミカヅチ(ダービー卿CT-G3)。

ノームコア 2200万円

2015年 / 当歳牝馬
ハービンジャー
クロノロジスト母父クロフネ
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者池谷誠一
競走成績ヴィクトリアM
獲得賞金※2億9643万円

近親にフサイチエアデール(桜花賞2着)、その仔フサイチリシャール(朝日杯FS)など。半妹クロノジェネシスは秋華賞を優勝。

ディアドラ 2100万円

2015年 / 1歳牝馬
ハービンジャー
ライツェント母父スペシャルウィーク
販売者ノーザンファーム
購入者森田藤治
競走成績ナッソーS-英,秋華賞
獲得賞金2億9579万円

欧州の名マイラーソニックレディ(ムーランドロンシャン賞)を祖とする牝系。近親にはロジユニヴァース(ダービー)、ノーザンリバー(アーリントンC-G3)など。

勝ち鞍以外にも香港C2着、ドバイターフ3着、英チャンピオンS3着、愛チャンピオンS4着など世界を股にかけた。

カネヒキリ 2000万円

2002年 / 当歳牡馬
フジキセキ
ライフアウトゼア母父Deputy Minister
販売者ノーザンファーム
購入者金子真人
競走成績ジャパンCダート2回,フェブラリーSなど地含めG1を7勝
獲得賞金4億7629万円

地方交流G1競走でも4勝をあげ、海外を含めた総獲得賞金は約8億5000万円。

ライフアウトゼアはアメリカ産で競馬は未出走だが、半兄にシルヴァーデピュティ(代表産駒にアメリカ殿堂馬に選出されたシルヴァービュレットデイ)がいる血統。

同馬主のディープインパクトが同期。この年に金子氏が落札したのは計9頭で最高額は1億2000万円のグッドネイバー(すみれS2着-OP)。同じ年のセールで芝とダートのチャンピオンホースを見抜いた眼力に感服。ほかにもクロカミの仔クロウキャニオンボレアスカミノタサハラの母)を5600万円で落札している。

エイジアンウインズ 1800万円

2004年 / 当歳牝馬
フジキセキ
サクラサク2母父デインヒル
販売者社台ファーム
購入者太田美實
競走成績ヴィクトリアM
獲得賞金2億1355万円

半妹にオークス2着のエバーブロッサムサドラーズウェルズなどの名が並ぶラフショッド牝系

脚元が悪くダートでデビューしたが、芝に転向後は連対を外すことなく一気にG1制覇。ウオッカを2着に抑えての勝利は価値あるものだったが、その後は体調が整わずレースに使われることなく繁殖入りとなった。

アドマイヤムーン 1600万円

2003年 / 当歳牡馬
エンドスウィープ
マイケイティーズ母父サンデーサイレンス
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者近藤利一
競走成績ジャパンC,宝塚記念,ドバイDF
獲得賞金7億4046万円

同牝系には女傑ヒシアマゾンなど。半弟にはプレイ(弥生賞2着-G2)。

馬主の近藤氏は2017年にアドマイヤビルゴ(若葉S-L)を5億8000万円、2019年にはタイタンクイーンの当歳牡馬を4億7000万円で落札するなど、セレクトセールを賑わす人物のひとり。アドマイヤの冠名を持つ馬には多くのG1馬がいるが、その筆頭格といえる馬が意外に安価なのには驚き。

グランプリボス 1600万円

2009年 / 1歳牡馬
サクラバクシンオー
ロージーミスト母父サンデーサイレンス
販売者(有)ノーザンレーシング
購入者(株)備前屋
競走成績NHKマイルC,朝日杯FS
獲得賞金5億1329万円

イングランディーレ 1310万円

1999年 / 当歳牡馬
ホワイトマズル
マリリンモモコ母父リアルシャダイ
販売者社台ファーム
購入者種田恵志
競走成績天皇賞春
獲得賞金3億645万円

近親にダイナマイトダディ(中山記念-G2)、トゥナンテ(毎日王冠-G2)。

ダートの前走から挑んだ天皇賞春で大逃げを決め、セーフティリードのまま直線を駆け抜け波乱を演じた。10番人気での勝利で、2着ゼンノロブロイとは7馬身差。

セイウンコウセイ 1300万円

2014年 / 1歳牡馬
アドマイヤムーン
オブザーヴァント母父Capote
販売者(有)桜井牧場
購入者西山茂行
競走成績高松宮記念
獲得賞金3億1669万円

近親にタイキフォーチュン(NHKマイルC)、クラリティスカイ(NHKマイルC)など。

ジャスタウェイ 1200万円

2010年 / 1歳牡馬
ハーツクライ
シビル母父Wild Again
販売者(有)社台コーポレーション
購入者大和屋暁
競走成績天皇賞秋,ドバイDF,安田記念
獲得賞金5億9569万円

競走馬の能力指数を格付けする国際クラシフィケーションにおいて、日本競馬史上初となる単独1位にランクキングされた同馬がこの価格。総賞金にはドバイDFの賞金約3億円が加算される。

デアリングタクト 1200万円

2018年 / 1歳牝馬
エピファネイア
デアリングバード母父キングカメハメハ
販売者(有)長谷川牧場
購入者(有)ノルマンディーファーム
競走成績牝馬三冠
獲得賞金※2億9389万円

前年には800万円で買い手がなく主取。そんな馬がまさか無敗で牝馬二冠を達成するとは誰もが思わなかっただろう。二冠達成後のセレクトセールで全妹が4900万円で落札された。

祖母デアリングハートは重賞3勝で、マイルC2着、桜花賞3着の実績。

サダムパテック 1200万円

2008年 / 当歳牡馬
フジキセキ
サマーナイトシティ母父エリシオ
販売者(有)社台コーポレーション
購入者大西定
競走成績マイルCS,皐月賞2着
獲得賞金4億665万円

皐月賞は1番人気、ダービーは2番人気に推されたがいずれも三冠馬となるオルフェーヴルの前に敗れた。半妹にはヴィクトリアマイルを勝ったジュールポレール

ナカヤマフェスタ 1000万円

2006年 / 当歳牡馬
ステイゴールド
ディアウィンク母父タイトスポット
販売者(有)新井牧場
購入者和泉信一
競走成績宝塚記念,凱旋門賞2着
獲得賞金2億9324万円

凱旋門賞2着の実績が輝かしい。落札額1000万円でも凱旋門賞制覇の夢を見れることを証明。

番外

YOSHIDA 9400万円

2014年 / 当歳牡馬
ハーツクライ
ヒルダズパッション母父Canadian Frontier
販売者ノーザンファーム
購入者John McCormack Blood
競走成績ウッドワードS-米,ターフクラシックS-米
獲得賞金0円

ヨシダはノーザンファーム生産。1歳馬のセレクトセールで購買され、海を渡った。母ヒルダズパッションは米バレリーナSを勝ったG1馬。2020産のヨシダの全弟は3億8000万円で落札された。

デビューから芝を使われ、8戦目でターフクラシックSを制しG1ホースに。デビューから芝を使われ、8戦目でターフクラシックSを制しG1ホースに。11戦目に初ダートとなるウッドワードSも制し、日本生産馬として初のアメリカダートG1タイトルを手にした。

主取

主取り(ぬしとり)とは、買い手がなかったり、希望額に満たない時に、売り主が引き取ることをいいます。

  • クラリティスカイ(1800万円)
  • リアルインパクト(3000万円)
  • ロードカナロア(1470万円)
  • アストンマーチャン

あのロードカナロアも主取りとなった過去があります。競走馬としても種牡馬としても超一流になる馬が衆人環視の中、1500万円に満たない低額で見送られていたのは驚きですよね。

注意事項

掲載馬は以下のルールで記載しています。

ルール
  • 価格は税抜き
  • JRAのG1を勝った馬に限る
  • 獲得賞金総額は中央競馬競走のみ集計