種牡馬

モーリスの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】

モーリス(Maurice)の種牡馬情報です。

モーリスについて

デビュー2戦目の京王杯2歳Sで1番人気に推されるなど、早い段階で素質を見せていた。ただ、上昇気流に乗るのは古馬になってから。条件戦を連勝し重賞制覇すると、勢いそのままにG1安田記念を力強く押し切る。秋にはマイルCS、さらには香港マイルと立て続けに勝ち、この年6戦全勝で年度代表馬に選ばれた。

5歳は香港のチャンピオンズマイルから始動。ここも勝利するが帰国後の安田記念でログタイプの2着と敗れ、G1の連勝は4で止まる。ここまでマイル戦線で歩んできたが、陣営は距離延長を目論む。札幌記念で2着となり、適正に疑問符が投げかけられたが、目標としていた天皇賞秋を楽勝。引退レースの香港Cも迫力満点の差し切り勝ちと、むしろ距離を伸ばして安定感すら感じる内容だった。

略歴

  • 2011年 戸川牧場生産
  • 2015年 年度代表馬に選出
  • 2017年 種牡馬として供用開始
  • 2020年 初年度産駒デビュー予定

主な競争成績

18戦11勝

  1. 天皇賞秋、安田記念、マイルCS、 香港C、香港マイル チャンピオンズマイル-香G1
  2. 安田記念

種付け料の推移と種付け頭数

地味な血統を配慮してか、この戦績にしては少し押さえた種付け料400万円からのスタート。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 400万円(受胎確認後)
2018年 245頭 400万円(受胎確認後)
2017年 265頭 400万円(受胎確認後)

繋養地(牧場)

社台スタリオンステーション

注目幼駒、種付け牝馬

種付け料や種付け頭数に変化はないが、繁殖牝馬の質は2年目でワンランク下がったように思う。これが何を意味するのか。

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

モーリスの1歳産駒(2020年 デビュー予定)

  • キョウエイトルース の2018
    兄G1サウンドトゥルー(チャンピオンズC)
    生 産岡田スタッド
  • シーザリオ の2018
    NF母G1兄G1サートゥルナーリア(朝日杯FS)
    母実績オークス
    生 産ノーザンファーム
  • ツインエンジェルズ の2018
    社Fセール7000万円
    生 産社台ファーム
  • フリーティングスピリット の2018
    NF母G1セール7200万円
    母実績ジュライC-英
    生 産ノーザンファーム
  • ブエナビスタ の2018
    NF母G1
    母実績年度代表馬
    生 産ノーザンファーム
  • ブルーメンブラット の2018
    NF母G1
    母実績マイルCS
    生 産ノーザンファーム
  • ラスティングソング の2018
    NFセール1億7000円
    生 産ノーザンファーム
  • サンビスタ の2018
    母G1
    母実績チャンピオンズC
    生 産グランド牧場
  • ジェンティルドンナ の2018
    NF母G1
    母実績ジャパンC2回
    生 産ノーザンファーム
  • ミンナノアイドル の2018
    一口総額1200万円
    生 産佐藤牧場
  • リトルアマポーラ の2018
    母G1
    母実績エリザベス女王杯
    生 産白老ファーム
  • レジネッタ の2018
    母G1
    母実績桜花賞
    生 産追分ファーム
  • レッドリヴェール の2018
    社F母G1
    母実績阪神JF
    生 産社台ファーム
  • ヴィルシーナ の2018
    NF母G1
    母実績ヴィクトリアM2回
    生 産ノーザンファーム

モーリスの2018年種付け繁殖牝馬

  • アプリコットフィズ
    社F
  • コスモネモシン
  • テンシノキセキ
  • ディアデラマドレ
    NF
  • バウンスシャッセ
    NF
  • フサイチエアデール
    G1産駒フサイチリシャール(朝日杯FS)
  • ムードインディゴ


血統(牝系・サイアーライン)

牝系はメジロ牧場の系統なので、ちょっと遠いがメジロドーベルの名前も出てきます。

血統表の字面だけを見ると、これで走るのかと疑問も沸くが、そこは社台グループの繁殖牝馬たちがなんとかしてくれるのでしょう、きっと。

血統表

モーリスの血統表
スクリーンヒーロー
グラスワンダー
Silver Hawk
Ameriflora
ランニングヒロイン
サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
メジロフランシス
カーネギー
Sadler’s Wells
Detroit
メジロモントレー
モガミ
メジロクインシー

牝系図(fn.10-d)

メジロボサツ(朝日杯3歳S,オークス2着)
メジロナガサキ
||メジロビューティー
|||メジロティファニー
||||メジロマントル(鳴尾記念-G3)
|||メジロドーベル(オークス,秋華賞,エリザベス女王杯2回,阪神3歳牝馬S)
||||メジロシャレード
|||||ショウナンラグーン(青葉賞-G2)
メジロクインシー
||メジロモントレー(AJCC-G2)
|||メジロフランシス
||||モーリス(年度代表馬,天皇賞秋,安田記念,香港C)

サイアーライン

Roberto 1969 愛
|Kris S. 1977 米
||シンボリクリスエス 1999
|||ストロングリターン 2006
|||エピファネイア 2010
|Silver Hawk 1979 英
||グラスワンダー 1995
|||スクリーンヒーロー 2004
||||モーリス 2011
||||ゴールドアクター 2011
|||アーネストリー 2005
ブライアンズタイム 1985 米
||ナリタブライアン 1991
||サニーブライアン 1994
||タイムパラドックス 1998
||タニノギムレット 1999
||フリオーソ 2004