種牡馬

シンボリクリスエスの種付け料の推移と種牡馬成績

シンボリクリスエス(Symboli Kris S)の種牡馬情報です。

シンボリクリスエスについて

2年連続の年度代表馬。

青葉賞を勝って臨んだダービーはタニノギムレットの2着まで。秋は中山競馬場開催となった天皇賞に出走。牝馬テイエムオーシャンが1番人気となる混戦のなか、同厩舎の先輩バブルガムフェロー以来となる3歳馬での優勝を決めた。

シンボリクリスエスがもっとも輝いたのは引退レースの有馬記念。4コーナーで悠々と先頭にたつと2着リンカーンに9馬身の差をつけた。翌年の年度代表馬ゼンノロブロイが続く3着だったことからも、その強さは伝わるだろう。

略歴

  • 1999年 アメリカ産
  • 2002年 年度代表馬に選出
  • 2003年 年度代表馬に選出
  • 2019年 種牡馬引退
  • 2004年 種牡馬として供用開始

主な競争成績

15戦8勝 2着2回 3着4回

  1. 天皇賞秋2回、有馬記念2回
  2. ダービー
  3. ジャパンC2回

種付け料の推移と種付け頭数

産駒にはパワータイプが多く、芝よりもダートに適性が高い。リーディングサイアー上位の常連でありながら種付け料が下落し続けたのが、そのあたりが理由。なお活躍馬は著しく牡馬に偏る。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 100万円(受胎条件)※産駒不出生時返金
2018年 64頭 100万円(受胎確認後)※産駒不出生時返金 14位
2017年 78頭 25頭 150万円(出生条件)、100万円(受胎条件) 16位
2016年 64頭 81頭 200万円(出生条件)、150万円(受胎条件) 15位
2015年 135頭 88頭 200万円(受胎確認後) 11位
2014年 133頭 114頭 250万円(受胎確認後) 4位
2013年 167頭 135頭 250万円(受胎確認後) 3位
2012年 203頭 92頭 250万円(受胎確認後) 4位
2011年 134頭 126頭 300万円(受胎確認後) 3位
2010年 183頭 147頭 350万円(受胎確認後) 3位
2009年 207頭 167頭 400万円(受胎確認後) 4位
2008年 217頭 117頭 500万円(受胎確認後) 12位
2007年 169頭 125頭 500万円 71位
2006年 183頭 174頭 600万円
2005年 227頭 150頭
2004年 216頭

繋養地(牧場)

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

注目幼駒、種付け牝馬

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

シンボリクリスエスの1歳産駒(2020年 デビュー予定)

  • アルティマチャーム の2018
    社Fセール1000万円
    生 産社台ファーム


種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 36.5 %
重賞馬 21 頭
重賞数 32 勝
重賞馬率 1.6 %

代表産駒

2015年産

  • ルヴァンスレーヴ(チャンピオンズC)

2014年産

  • サンライズソア(平安S-G3,ジャパンダートダービー2着-地)

2013年産

  • サトノティターン(マーチS-G3)

2011年産

  • エアアンセム(函館記念-G3)
  • ショウナンラグーン(青葉賞-G2)

2010年産

  • エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)
  • ソロル(マーチS-G3)
  • ユールシンギング(セントライト記念-G2)

2009年産

  • アルフレード(朝日杯FS)

2008年産

  • ミトラ(金鯱賞-G2)
  • サトノアポロ(中日新聞杯-G3)

2007年産

  • アリゼオ(毎日王冠-G2)
  • サイレントメロディ(マーチS-G3)

2006年産

  • ストロングリターン(安田記念)
  • サンカルロ(阪神C-G2,高松宮記念2着)
  • ダノンカモン(名古屋大章典-地G3,マイルCS南部杯2着-地)
  • ランフォルセ(エルムS-G3,川崎記念2着-地)
  • アプレザンレーヴ(青葉賞-G2)

2005年産

  • サクセスブロッケン(フェブラリーS)
  • ダンツキッスイ(アーリントンC-G3)
  • モンテクリスエス(ダイヤモンドS-G3)
  • マチカネニホンバレ(エルムS-G3)

BMS(母父)の代表産駒

2015年産

  • アルクトス(プロキオンS-G3)アドマイヤオーラ
  • レイエンダ(エプソムC-G3)キングカメハメハ

2014年産

  • レイデオロ(ダービー,天皇賞秋)キングカメハメハ
  • アドミラブル(青葉賞-G2)ディープインパクト
  • ミスパンテール(阪神牝馬S-G2)ダイワメジャー
  • ローズプリンスダム(レパードS-G3)ロージズインメイ

2012年産

  • ベルラップ(京都2歳S-G3)ハーツクライ
  • シングウィズジョイ(フローラS-G2,エリザベス女王杯2着)マンハッタンカフェ

2011年産

  • オジュウチョウサン(中山大障害2回,中山グランドジャンプ4回)ステイゴールド

2010年産

  • ケイアイチョウサン(ラジオNIKKEI賞-G3)ステイゴールド

血統(牝系・サイアーライン)

ときおり大物を輩出するのがロベルト系の魅力。

血統表

シンボリクリスエスの血統表
Kris S.
Roberto
Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen
Princequillo
Bridgework
Tee Kay
Gold Meridian
Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo
Tri Jet
Hail Proudly

牝系図(fn.8-h)

Tri Argo
Tee Kay(マーサワシントンS-米G3)
||シンボリクリスエス(有馬記念2回,天皇賞秋2回)
Trithenia
||Well Dressed
|||Well Armed(ドバイワールドC,グッドウッドS-米)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002

シンボリクリスエス系(子系統)

シンボリクリスエス 1999
|ストロングリターン 2006
エピファネイア 2010