種牡馬

エピファネイアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】

エピファネイア(Epiphaneia)の種牡馬情報です。

エピファネイアについて

御意のままに

春のクラシックを主役の一頭として迎えるが、皐月賞はロゴタイプの2着、ダービーもゴール前キズナに交わされ2着と苦杯をなめる。雪辱を期した菊花賞は、ロゴタイプが休養、キズナがフランス遠征とライバル不在。己の折り合いとの勝負になるが、見事に打ち勝ち5馬身差で快勝した。

古馬になってからも気性の荒さからか不完全燃焼が続く。持ってる能力を存分に発揮できずに大きな期待に応えることができない。唯一、その能力をいかんなく発揮したのがスミヨンに乗り替わったジャパンC。番手からしびれるような手応えで直線を向くと、後続を寄せ付けず4馬身差でゴールした。多少緩めの馬場も幸いし、パワーが十分に活きた。オルフェーヴルの背中も知るスミヨンは「今まで乗った日本馬で一番強い」とコメントを残している。

略歴

  • 2010年 ノーザンファーム生産
  • 2016年 種牡馬として供用開始
  • 2020年 産駒のデアリングタクトが牝馬三冠を達成

主な競争成績

14戦6勝

  1. ジャパンC、菊花賞
  2. ダービー、皐月賞

種付け料の推移と種付け頭数

初年度産駒からデアリングタクトが無敗で牝馬三冠を達成、牡馬もアリストテレスが菊花賞を2着するなど大舞台での強さを見せた。倍増された種付け料も、2世代目以降の活躍によってさらに高額なものとなっていくだろう。

現役時代はパワータイプで産駒もダート向きの懸念もあったが、勝ち鞍は圧倒的に芝が多い。産駒はまるで母シーザリオの特徴をもつようで、芝のマイルから中距離で末脚鋭い。父シンボリクリスエス産駒とはずいぶんと趣が異なっている。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2021年 満口 1000万円(受胎確認後)
2020年 240頭 500万円(受胎確認後) 9位
2019年 224頭 138頭 250万円(受胎確認後) 48位
2018年 220頭 143頭 250万円(受胎確認後)
2017年 210頭 161頭 250万円(受胎確認後)
2016年 221頭 250万円(受胎確認後)

繋養地(牧場)

社台スタリオンステーション

注目幼駒、種付け牝馬

デアリングタクトが牝馬三冠を達成した後に配合される2021年のラインナップには特に注目。デアリングタクト同様にサンデーサイレンスのクロス4x3をもつ配合が増えるのではないか。

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

エピファネイアの2歳産駒(2021年 デビュー予定)

  • アスクデピュティ の2019
    セール8000万円
     兄 ミュゼスルタン(新潟2歳S-G3)
    生 産社台白老ファーム
  • エアマグダラ の2019
    社Fセール7000万円
     兄 エアアンセム(函館記念-G3)
    生 産社台ファーム
  • エオリアンハープ の2019
    社Fセール7000万円
    生 産社台ファーム
  • デアリングバード の2019
    姉G1デアリングタクト(牝馬三冠)セール4900万円
    生 産長谷川牧場
  • ブルーメンブラット の2019
    NF母G1
    母実績マイルCS
    生 産ノーザンファーム


エピファネイアの1歳産駒(2022年 デビュー予定)

  • カデナダムール の2020
    NFセール1億2000円
    生 産ノーザンファーム
  • ラキシス の2020
    NF母G1
    母実績エリザベス女王杯
    生 産ノーザンファーム
  • アーヴェイ の2020
    社F母G1
    母実績フラワーボウルS-米
    生 産社台ファーム
  • ガールオンファイア の2020
    NFセール6800万円
    生 産ノーザンファーム
  • キャリコ の2020
    NFセール5600万円
    生 産ノーザンファーム

エピファネイアの2020年種付け繁殖牝馬

  • アユサン
    G1馬
  • クィーンスプマンテ
    社FG1馬
  • メイショウマンボ
    G1馬

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
1億
2000万円
カデナダムール
 の2020
9600万円 シュペトレーゼ
 の2018
ミッキートレーゼ
8000万円 アスクデピュティ
 の2019
半兄ミュゼスルタン
1200万円 デアリングバード
 の2017
デアリングタクト 前年に800万円主取
桜花賞,オークス

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
24億
9900万円
75 3332万円 92.5 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 32.6 %
重賞馬 3 頭
重賞数 6 勝
重賞馬率 1.1 %

代表産駒(子供)

2018年産

  • エフフォーリア(共同通信杯-G3)

2017年産

  • デアリングタクト(牝馬三冠)
  • アリストテレス(AJCC-G2,菊花賞2着)

血統(牝系・サイアーライン)

シーザリオはオークス馬。キャリア6戦での引退だが、現役時代の評価は高い。繁殖入り後は複数のG1馬の母となり、さらに評価を高めた。母系は欧州のスタミナ血統。

サンデーサイレンスの血は薄く、キングカメハメハトニービンといったところも含まない。配合の自由度が高いのはエピファネイアには追い風といえる。国内牝馬を相手にサンデーサイレンスのクロスで次代を創造する。

血統表

エピファネイアの血統表
シンボリクリスエス
Kris S.
Roberto
Sharp Queen
Tee Kay
Gold Meridian
Tri Argo
シーザリオ
スペシャルウィーク
サンデーサイレンス
キャンペンガール
キロフプリミエール
Sadler’s Wells
Querida

牝系図(fn.16-a)

キロフプリミエール(ラドガーズH-米G3)
シーザリオ(オークス,アメリカンオークス-米)
||エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)
||ロザリンド
|||オーソリティ(青葉賞-G2)
||リオンディーズ(朝日杯FS)
||サートゥルナーリア(皐月賞,ホープフルS)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||||エピファネイア 2010
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
|||||モーリス 2011
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
||||オルフェーヴル 2008
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002
||||キズナ 2010

シンボリクリスエス系

シンボリクリスエス 1999
|ストロングリターン 2006
エピファネイア 2010
|ルヴァンスレーヴ 2015