種牡馬

タニノギムレットの種付け料の推移と種牡馬成績

タニノギムレット(Tanino Gimlet)の種牡馬情報です。

タニノギムレットについて

たら、れば、を無性に言いたくなる

ダービー優勝後に故障するのだが、12月の未勝利戦から使い詰めで7連戦。タフで知られるブライアンズタイム産駒でもさすがに負担は大きかった。

3着に敗れた皐月賞は、後方から大外を回るロスの大きな競馬。NHKマイルCも直線で致命的な不利が響いての3着。馬の能力は十分だったが、なかなか物事がうまく運ばなかった。ダービーで2着に下したシンボリクリスエスが秋に天皇賞と有馬記念を制し年度代表馬に選出されたことは、ファンにとって幸いだったか。

略歴

  • 1999年 カントリー牧場生産
  • 2003年 種牡馬として供用開始
  • 2008年 産駒のウオッカが年度代表馬に選出
  • 2009年 産駒のウオッカが年度代表馬に選出
  • 2011年 産駒のウオッカが顕彰馬に選出
  • 2020年 種牡馬引退

主な競争成績

8戦5勝

  1. ダービー、スプリングS(G2)
  2. 皐月賞、NHKマイルC

種付け料の推移と種付け頭数

社台SSで種牡馬入りし、2014年シーズンからはレックススタッドへ。初年度産駒のウオッカがダービーを制し、翌2008年に種付け料は最高値をつけている。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2020年 4頭 30万円(出生条件)
2019年 16頭 30万円(出生条件) 59位
2018年 32頭 80万円(出生条件)、50万円(受胎条件) 60位
2017年 35頭 31頭 80万円(出生条件)、50万円(受胎条件) 35位
2016年 45頭 41頭 80万円(出生条件)、50万円(受胎条件) 31位
2015年 55頭 54頭 80万円(出生条件)、50万円(受胎条件) 24位
2014年 69頭 65頭 80万円(受胎条件) 19位
2013年 81頭 98頭 80万円(受胎条件) 17位
2012年 147頭 86頭 100万円(受胎条件) 18位
2011年 125頭 99頭 150万円(受胎条件) 17位
2010年 126頭 82頭 200万円(受胎条件) 17位
2009年 120頭 129頭 300万円(受胎条件) 10位
2008年 191頭 164頭 400万円(受胎条件) 13位
2007年 240頭 77頭 300万円(受胎条件) 18位
2006年 124頭 86頭 250万円(受胎条件) 75位
2005年 128頭 99頭 300万円(受胎条件)
2004年 148頭 99頭 300万円(受胎条件)
2003年 136頭 350万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

レックススタッド

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
1億
500万円
タニノシスター
 の2008
セレブリティ 全姉ウオッカ
14戦2勝
5500万円 ダリンダ
 の2005
レジームチェンジ 19戦2勝
5200万円 ジュピターズジャズ
 の2012
アドマイヤジャズ 26戦1勝
1850万円 プライムステージ
 の2004
アブソリュート 東京新聞杯
1800万円 ハッピーペインター
 の2011
ハギノハイブリッド 京都新聞杯

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
18億
2660万円
84 2174万円 84.0 %

セレクトセール累計額(母父)

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
4億
7250万円
14 3375万円 66.6 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 26 %
重賞馬 13 頭
重賞数 24 勝
重賞馬率 1.4 %

代表産駒(子供)

2013年産

  • ブラックスピネル(東京新聞杯-G3)

2011年産

  • メドウラーク(七夕賞-G3)
  • ハギノハイブリッド(京都新聞杯-G2)

2009年産

  • ミッドサマーフェア(フローラS-G2)

2008年産

  • クレスコグランド(京都新聞杯-G2)
  • オールザットジャズ(福島牝馬S-G3)

2006年産

  • セイクリッドバレー(新潟大賞典-G3)

2005年産

  • スマイルジャック(スプリングS-G2,ダービー2着)

2004年産

  • ウオッカ(ダービー,ジャパンC,安田記念2回などG1を7勝)
  • アブソリュート(東京新聞杯-G3)
  • ゴールドアグリ(新潟2歳S-G3)
  • ヒラボクロイヤル(青葉賞-G2)
  • ニシノブルームーン(中山牝馬S-G3)

BMS(母父)の代表産駒

2016年産

  • クラージュゲリエ(京都2歳S-G3)
    キングカメハメハ

2014年産

  • ブレスジャーニー(東スポ杯2歳S-G3)
    バトルプラン

2013年産

  • プロフェット(京成杯-G3)
    ハービンジャー

2012年産

  • パフォーマプロミス(日経新春杯-G2)
    ステイゴールド

血統(牝系・サイアーライン)

マムタズマハル牝系。ナスルーラトニービンの5代前父)やマームードノーザンダンサーの母母父)、ロイヤルチャージャーサンデーサイレンスの4代前父)など現代競馬の基礎となる馬らを輩出したファミリー。母父クリスタルパレスカロ系のフランスダービー馬。日本に輸入された年にフランスのリーディングサイアーに輝いている。

三冠馬を含む3頭のダービー馬に年度代表馬マヤノトップガン。タレント豊富なブランアンズタイム産駒だが、いずれも種牡馬としては奮わない。唯一の成功馬タニノギムレットにしてもG1馬は牝馬ウオッカのみ。日本競馬界の「種牡馬の墓場」といわれた一昔前の姿そのものである。

血統表

タニノギムレットの血統表
ブライアンズタイム
Roberto
Hail to Reason
Bramalea
Kelley’s Day
Graustark
Golden Trail
タニノクリスタル
クリスタルパレス
Caro
Hermieres
タニノシーバード
Sea-Bird
Flaxen

Graustark 3×4

牝系図(fn.9-c)

タニノシーバード
タニノクリスタル
||タニノギムレット(ダービー,NHKマイルC)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002