種牡馬

ブライアンズタイムの種牡馬成績とその子孫たち

ブライアンズタイム(Brian’s Time)の種牡馬情報です。

ブライアンズタイムについて

アメリカの準一級馬。フロリダダービーでフォーティーナイナーを下しG1馬となると、クラシックはケンタッキーダービーが牝馬ウイニングカラーズの5着、プリークネスSとベルモントSがリズンスターの2着と3着。着順こそ上位であったが一線級とは差があった。

日本で種牡馬入りすると、初年度から産駒がターフを賑わせる。3冠馬ナリタブライアンとオークス馬チョウカイキャロルが大レースでの強さを見せつけると、2世代目のマヤノトップガンも年度代表馬となる活躍をみせ、確固たる地位を築いた。

25年に及ぶ種牡馬生活で、サニーブライアンタニノギムレットとダービー馬は計3頭。

略歴

  • 1985年 アメリカ産
  • 1990年 種牡馬として供用開始
  • 1994年 ナリタブライアンが三冠を達成し、年度代表馬に選出
  • 1995年 産駒のマヤノトップガンが年度代表馬に選出
  • 1997年 産駒のナリタブライアンが顕彰馬に選出
  • 2013年4月4日(28歳)没

主な競争成績

21戦5勝

  1. フロリダダービー、ペガサスH
  2. プリークネスS
  3. ベルモントS、トラヴァーズS、バーナードバルークH

種付け料の推移と種付け頭数

社台グルーブに対抗する早田牧場の看板種牡馬として長く日本競馬界を盛り上げた。CBスタッドで種牡馬入り。早田牧場が経営破綻してからはアロ―スタッドで繋養された。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2014年 9頭 2頭 27位
2013年 9頭 17頭 150万円(受胎条件) 18位
2012年 36頭 45頭 150万円(受胎条件) 20位
2011年 77頭 62頭 Private 18位
2010年 87頭 56頭 400万円(受胎条件) 22位
2009年 86頭 56頭 Private 14位
2008年 81頭 58頭 BOOK FULL 6位
2007年 81頭 64頭 BOOK FULL 4位
2006年 80頭 62頭 100万円(前払)+600万円(受胎確認後) 3位
2005年 81頭 66頭 BOOK FULL 2位
2004年 84頭 88頭 BOOK FULL 3位
2003年 102頭 115頭 BOOK FULL 2位
2002年 153頭 118頭 private 3位
2001年 138頭 95頭 Private 3位
2000年 120頭 106頭 Private 3位
1999年 131頭 96頭 Private 3位
1998年 115頭 87頭 Private 3位
1997年 110頭 71頭 Private 2位
1996年 92頭 59頭 Private 2位
1995年 70頭 66頭 Private 3位
1994年 79頭 51頭 Private 4位
1993年 61頭 50頭 500万円
1992年 62頭 49頭 500万円
1991年 62頭 54頭
1990年 62頭

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 48.8 %
重賞馬 42 頭
重賞数 81 勝
重賞馬率 3.2 %

代表産駒

2007年産

  • レインボーダリア(エリザベス女王杯)

2004年産

  • ヴィクトリー(皐月賞)

1999年産

  • ノーリーズン(皐月賞)
  • タニノギムレット(ダービー,NHKマイルC)

1998年産

  • タイムパラドックス(ジャパンCダート,JBCクラシック2回など地含めG1を5勝)
  • ダンツフレーム(宝塚記念,ダービー2着)

1997年産

  • シルクプリマドンナ(オークス)

1995年産

  • ファレノプシス(桜花賞,秋華賞,エリザベス女王杯)

1994年産

  • サニーブライアン(ダービー,皐月賞)
  • マイネルマックス(朝日杯3歳S)
  • シルクジャスティス(有馬記念,ダービー2着)

1992年産

  • マヤノトップガン(有馬記念,天皇賞春,菊花賞,宝塚記念)

1991年産

  • ナリタブライアン(三冠,有馬記念)
  • チョウカイキャロル(オークス,エリザベス女王杯2着)

BMS(母父)の代表産駒

2015年産

  • タイムフライヤー(ホープフルS)ハーツクライ

2014年産

  • クリンチャー(京都記念-G2,菊花賞2着)ディープスカイ
  • セダブリランテス(中山金杯-G3)ディープブリランテ
  • ヒガシウィルウィン(ジャパンダートダービー-地)サウスヴィグラス

2013年産

  • ディーマジェスティ(皐月賞)ディープインパクト
  • ゼーヴィント(七夕賞-G3)ディープインパクト

2012年産

  • クロスクリーガー(レパードS-G3)アドマイヤオーラ

2011年産

  • Supido(モナッシュS-豪G3)Sebring
  • マジックタイム(ダービー卿CT-G3)ハーツクライ

2010年産

  • サクラプレジール(フラワーC-G3)サクラプレジデント
  • マコトブリジャール(クイーンS-G3)ストーミングホーム
  • メイケイペガスター(共同通信杯-G3)フジキセキ

2009年産

  • ハタノヴァンクール(川崎記念-地,ジャパンダートダービー-地)キングカメハメハ

2008年産

  • スギノエンデバー(北九州記念-G3)サクラバクシンオー
  • トレンドハンター(フラワーC-G3)マンハッタンカフェ

2007年産

  • ビートブラック(天皇賞春)ミスキャスト
  • グランドシチー(マーチS-G3)キングカメハメハ

2006年産

  • スリーロールス(菊花賞)ダンスインザダーク

2005年産

  • エスポワールシチー(ジャパンCダート,フェブラリーSなど地含めG1を9勝)ゴールドアリュール

2004年産

  • テイエムアンコール(大阪杯-G2)オペラハウス

2002年産

  • ヴァンクルタテヤマ(プロキオンS-G3)フォーティナイナー

2000年産

  • ブルーコンコルド(東京大章典など地のG1を7勝)フサイチコンコルド

1998年産

  • サンライズペガサス(大阪杯-G2)サンデーサイレンス

1997年産

  • ティコティコタック(秋華賞)サッカーボーイ

血統(牝系・サイアーライン)

早田牧場は当初、アメリカ芝レースで実績を残したサンシャインフォーエバーの購入を目指したが交渉は決裂。近親のブライアンズタイムを導入した経緯がある。2頭はほぼ同じような血統構成だが、ブライアンズタイムの活躍の後に輸入されたサンシャインフォーエバーは種牡馬としてまったく奮わずに終わってしまった。そこがまた血統の難しいところである。

血統表

ブライアンズタイムの血統表
Roberto
Hail to Reason
Turn-to
Nothirdchance
Bramalea
Nashua
Rarelea
Kelley’s Day
Graustark
Ribot
Flower Bowl
Golden Trail
Hasty Road
Sunny Vale

牝系図(fn.4-r)

Golden Trail
Kelley’s Day
||ブライアンズタイム(フロリダダービー-米,ペガサスH-米)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002

ブライアンズタイム系(子系統)

ブライアンズタイム 1985 米
|ナリタブライアン 1991
|サニーブライアン 1994
|タイムパラドックス 1998
タニノギムレット 1999
|フリオーソ 2004