種牡馬

サートゥルナーリアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】

サートゥルナーリア(Saturnalia)の種牡馬情報です。

サートゥルナーリアについて

6戦目の神戸新聞杯まで、単勝オッズ1倍台に支持された世代屈指の実力

3連勝でホープフルSを制覇し、母シーザリオの産駒として3頭目のG1馬となる。休み明けの皐月賞は中団から前を捉えるが、ダービーでは直線半ばでパタリと止まり、勝ったロジャーバローズから0.5差の4着に敗れる。

秋初戦の神戸新聞杯快勝後に、同じロードカナロア産駒の牝馬アーモンドアイと天皇賞秋で二強を形成するも、6着と奮わず。続く有馬記念も牝馬リスグラシューの激走に5馬身離された2着まで。

古馬初戦の金鯱賞を制し再びのタイトルを狙う。人気に推された宝塚記念は不得手の重い馬場に泣き、やはり牝馬のクロノジェネシスから10馬身以上遅れた4着。その後はなかなか出走状態が整わず、再びレースに戻ってくることはなかった。

略歴

  • 2016年 ノーザンファーム生産
  • 2021年 種牡馬として供用開始
  • 2024年 初年度産駒デビュー予定

主な競争成績

10戦6勝

  1. 皐月賞、ホープフルS
  2. 有馬記念

種付け料の推移と種付け頭数

デビュー前より高い評判が聞こえてた本馬。まだ若い父ロードカナロアや母系が同じエピファネイアとは競合関係になるが、牧場の期待は変わらず、それは種付け料にも現れている。

数が増しているディープインパクト牝馬との配合では、三冠牝馬デアリングタクトと同じサンデーサイレンスの3×4のクロスが発生する。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2021年 600万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

社台スタリオンステーション

血統(牝系・サイアーライン)

シーザリオは6戦5勝のオークス馬。繁殖牝馬としても3頭のG1馬を生んだ誉れ高き名牝。先に種牡馬入りした半兄エピファネイアは2世代で牡牝のクラシックホースを輩出し、一流種牡馬の座を確保しつつある。直系でも確かな遺伝能力が認められ、父がキングカメハメハに変わったサートゥルナーリアにも高い期待が寄せられる。

血統表

サートゥルナーリアの血統表
ロードカナロア
キングカメハメハ
Kingmambo
マンファス
レディブラッサム
Storm Cat
サラトガデュー
シーザリオ
スペシャルウィーク
サンデーサイレンス
キャンペンガール

キロフプリミエール
Sadler’s Wells
Querida

牝系図(fn.16-a)

キロフプリミエール(ラドガーズH-米G3)
シーザリオ(オークス,アメリカンオークス-米)
||エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)
||ロザリンド
|||オーソリティ(青葉賞-G2)
||リオンディーズ(朝日杯FS)
||サートゥルナーリア(皐月賞,ホープフルS)

サイアーライン

Mr. Prospector 1970 米
|Fappiano 1977 米
||Unbridled 1987 米
|||Unbridled’s Song 1993 米
|Gone West 1984 米
|Seeking the Gold 1985 米
||Dubai Millennium 1996 英
|||Dubawi 2002 英
|フォーティナイナー 1985 米
||エンドスウィープ 1991 米
|||アドマイヤムーン 2003
|Machiavellian 1987 仏
||Street Cry 1998 米
|Kingmambo 1990 仏
||キングズベスト 1997 英
||キングカメハメハ 2001
|||ルーラーシップ 2007
|||ロードカナロア 2008
|||ドゥラメンテ 2012

キングカメハメハ系

キングカメハメハ 2001
|トゥザグローリー 2007
|ローズキングダム 2007
ルーラーシップ 2007
ロードカナロア 2008
||サートゥルナーリア 2016
|ベルシャザール 2008
|ホッコータルマエ 2009
|ラブリーデイ 2010
|トゥザワールド 2011
ドゥラメンテ 2012
リオンディーズ 2013
|ミッキーロケット 2013
レイデオロ 2014