種牡馬

タイキシャトルの種付け料の推移と種牡馬成績

タイキシャトル(Taiki Shuttle)の種牡馬情報です。

タイキシャトルについて

短距離馬として初の年度代表馬

アメリカ生まれの外国産馬。デビュー時期は3歳の4月と遅かったが、3連勝でオープンまで一気に駆け上がる。秋にはダート重賞の勝利をステップに、史上初めて同一年のマイルCSとスプリンターズSを連覇する。先行から抜け出す危なげない走りで瞬く間に短距離界の頂点に立った。

古馬になり良馬場の京王杯SCと不良馬場の安田記念を圧勝すると、フランス遠征へと旅立つ。日本馬初の海外G1制覇は前週のシーキングザパールに譲ったが、欧州の伝統のマイルG1ジャックルマロワ賞を見事に制する。

帰国後のマイルCSも貫禄の5馬身差で連覇達成、G1も5連勝となる。重め残りの引退レースこそ3着に敗れたが、その功績は高く評価され、エルコンドルパサー(NHKマイルC、ジャパンC)、セイウンスカイ(皐月賞、菊花賞)を抑え年度代表馬に選出された。なお、フランスでも最優秀古馬の表彰を受けた。

略歴

  • 1994年 イギリス産
  • 1998年 年度代表馬に選出
  • 1999年 顕彰馬に選出
  • 1999年 種牡馬として供用開始
  • 2018年 種牡馬引退

主な競争成績

13戦11勝

  1. ジャックルマロワ賞(仏G1)、安田記念、マイルCS2回、スプリンターズS
  2. スプリンターズS

種付け料の推移と種付け頭数

イーストスタッドとアロ―スタッドで交互に繋養された。

産駒は芝ダート問わず主にマイル以下で活躍をみせた。G1馬がウインクリーガーメイショウボーラーの2頭というのは、タイキシャトルの実績からすると物足りない。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2018年 35位
2017年 7頭 9頭 70万円(出生条件)、50万円(受胎条件) 37位
2016年 28頭 85頭 70万円(受胎条件) 38位
2015年 111頭 60頭 70万円(受胎条件) 26位
2014年 95頭 70頭 70万円(受胎条件) 22位
2013年 99頭 74頭 Private 19位
2012年 103頭 90頭 100万円(受胎条件) 25位
2011年 120頭 82頭 Private 25位
2010年 110頭 97頭 Private 16位
2009年 139頭 72頭 200万円(受胎条件) 15位
2008年 106頭 73頭 250万円(受胎条件) 16位
2007年 99頭 85頭 350万円(受胎条件) 15位
2006年 110頭 108頭 BOOK FULL 14位
2005年 134頭 94頭 BOOK FULL 8位
2004年 119頭 106頭 BOOK FULL 12位
2003年 130頭 77頭 BOOK FULL 17位
2002年 96頭 67頭 500万円(不受胎時返還) 85位
2001年 83頭 90頭 600万円(不受胎時500万円返還)
2000年 106頭 89頭 BOOK FULL
1999年 110頭 BOOK FULL

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
1億
400万円
スキーパラダイス
 の2006
サトノパラダイス 半姉エアトゥーレ
中央2戦未勝利
1億円 シーズアン
 の2004
ゲイルハリケーン 中央5戦未勝利
9200万円 レッドヴェルベット
 の2006
オーシャンカレント 中央35戦2勝
6300万円 エアインセンス
 の2003
アサクサゼットキ 半兄プレシャスカフェ
中央27戦3勝
5400万円 ダンジグダンザグ
 の2000
ストロングレグルス 中央30戦未勝利
2700万円 インヴァイト
 の2000
ウインクリューガー NHKマイルC
2300万円 リターンバンダム
 の2000
ゴールデンキャスト セントウルS

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
12億
7510万円
48 2656万円 65.7 %

セレクトセール累計額(母父)

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
6億
3700万円
28 2275万円 75.6 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 35.7 %
重賞馬 10 頭
重賞数 18 勝
重賞馬率 0.9 %

代表産駒(子供)

2008年産

  • フレンチカクタス(フィリーズレビュー-G2)

2006年産

  • レッドスパーダ(京王杯SC-G2,NHKマイルC2着)

2005年産

  • サマーウインド(JBCスプリント-地)
  • サトノプログレス(NZT-G2)

2002年産

  • ディープサマー(クリスタルC-G3)
  • テイエムチュラサン(アイビスSD-G3)

2001年産

  • メイショウボーラー(フェブラリーS,朝日杯FS2着)
  • ウイングレット(中山牝馬S-G3)
  • ディアチャンス(マーメイドS-G3)

2000年産

  • ウインクリューガー(NHKマイルC)
  • ゴールデンキャスト(セントウルS-G3)

BMS(母父)の代表産駒

2017年産

  • バビット(ラジオNIKKEI賞-G3)
    ナカヤマフェスタ
  • クリスタルブラック(京成杯-G3)
    キズナ

2015年産

  • ゴールドクイーン(葵S-G)
    シニスターミニスター

2014年産

  • レーヌミノル(桜花賞)
    ダイワメジャー

2013年産

  • キャンディバローズ(ファンタジーS-G3)
    ディープインパクト

2011年産

  • ワンアンドオンリー(ダービー)
    ハーツクライ

2009年産

  • ストレイトガール(ヴィクトリアM2回,スプリンターズS)
    フジキセキ
  • ファインチョイス(函館2歳S-G3)
    アドマイヤムーン

2005年産

  • ダンツキッスイ(アーリントンC-G3)
    シンボリクリスエス

血統(牝系・サイアーライン)

サンデーサイレンスと同じヘイロー系で、母父も日本の競馬と相性のいいカーリアン。牝系も近親に藤沢厩舎の重賞馬が居並ぶ活気ある血統で、産駒はもっと走って不思議なかった。母父としてダービー馬(ワンアンドオンリー)を出したことがせめてもの救いか。

血統表

タイキシャトルの血統表
Devil’s Bag
Halo
Hail to Reason
Cosmah
Ballade
Herbager
Miss Swapsco
ウェルシュマフィン
Caerleon
Nijinsky
Foreseer
Muffitys
Thatch
Contrail

Hail to Reason 3×5

牝系図(fn.4-d)

Azurine(ロイヤルホイップS-愛)
Contrail
||Muffitys
|||ウェルシュマフィン
||||タイキシャトル(ジャックルマロワ賞-仏,安田記念などG1を5勝)
|||ビバムール
||||ピースオブワールド(阪神JF)
|||||Wolfe(クーンジーC-豪G3)
Madelon
||ロイコン
|||ハッピートレイルズ
||||シンコウラブリイ(マイルCS)
|||||ロードクロノス(中京記念-G3)
|||||レディミューズ
||||||シンメイフジ(新潟2歳S-G3)
||||||フェリス
|||||||ロードマイウェイ(チャレンジC-G3)
|||||ピサノグラフ
||||||ムイトオブリガード(アルゼンチン共和国杯-G2)
||||タイキマーシャル(エプソムC-G3)
||||サンタフェトレイル
|||||キングストレイル(セントライト記念-G2)
||||ハッピーパス(京都牝馬S-G3)
|||||コディーノ(東京スポーツ杯2歳S-G3,朝日杯FS2着)
|||||チェッキーノ(フローラS-G2,オークス2着)
|||ロイヤルブライド
||||タイキエルドラド(アルゼンチン共和杯-G2)
||||タイキトレジャー(函館スプリントS-G3)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||ブライアンズタイム 1985 米
|||ナリタブライアン 1991
|||サニーブライアン 1994
|||タイムパラドックス 1998
|||タニノギムレット 1999
|||フリオーソ 2004
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
|||タイキシャトル 1994
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||マーベラスサンデー 1992
|||バブルガムフェロー 1993
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ミスキャスト 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||デュランダル 1999
|||オレハマッテルゼ 2000
|||サイレントディール 2000
|||ゼンノロブロイ 2000
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ハットトリック 2001
|||スズカマンボ 2001
|||ディープインパクト 2002
|||マツリダゴッホ 2003