種牡馬

リオンディーズの種付け料の推移と種牡馬成績

リオンディーズ(Leontes)の種牡馬情報です。

リオンディーズについて

オークス馬シーザリオの仔で、ジャパンCと菊花賞を制したエピファネイアの弟という良血。注目されたデビュー戦を勝ち上がると二戦目にして朝日杯FSに出走を決め、全G1制覇がかかる鞍上武豊のエアスピネルに次ぐ2番人気に推される。レースでは後方から進出し、直線では先に抜け出したエアスピネルを楽に交わして先頭でゴール板を駆け抜けた。

クラシックの中心的存在を期待されたが、サンデーサイレンス産駒の3頭が台頭。クラシック春2冠は、マカヒキサトノダイヤモンドディーマジェスティの後塵を拝すことになる。雪辱の秋を前に屈腱炎を発症し、引退。高いポテンシャルの全貌を見せることはなかった。

略歴

  • 2013年 ノーザンファーム生産
  • 2017年 種牡馬として供用開始
  • 2020年 初年度産駒デビュー予定

主な競争成績

5戦2勝

  1. 朝日杯FS
  2. 弥生賞(G2)

種付け料の推移と種付け頭数

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 満口 300万円(出生条件)、200万円(受胎条件)
2018年 161頭 200万円(出生条件)、150万円(受胎条件)
2017年 191頭 150万円(出生条件)、100万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

注目幼駒、種付け牝馬

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

リオンディーズの1歳産駒(2020年 デビュー予定)

  • アドマイヤフッキー の2018
    NFセール5400万円
    生 産ノーザンファーム
  • ユキノマイ の2018
    セール1900万円
    生 産下河辺牧場
  • コンフェッシオン の2018
    一口総額1300万円
    生 産グローリーファーム
  • フォンタネットポー の2018
    NFセール4500万円
    生 産ノーザンファーム
  • ラキシス の2018
    NF母G1
    母実績エリザベス女王杯
    生 産ノーザンファーム


血統(牝系・サイアーライン)

血統表

リオンディーズの血統表
キングカメハメハ
Kingmambo
Mr.Prospector
Miesque
マンファス
ラストタイクーン
Pilot Bird
シーザリオ
スペシャルウィーク
サンデーサイレンス
キャンペンガール
キロフプリミエール
Sadler’s Wells
Querida

牝系図(fn.16-a)

キロフプリミエール(ラドガーズH-米G3)
シーザリオ(オークス,アメリカンオークス-米)
||エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)
||リオンディーズ(朝日杯FS)
||サートゥルナーリア(朝日杯FS)

サイアーライン

Kingmambo 1990 仏
エルコンドルパサー 1995
||ヴァーミリアン 2002
|キングズベスト 1997 英
||エイシンフラッシュ 2007
|アルカセット 2000 英
キングカメハメハ 2001
||トゥザグローリー 2007
||ローズキングダム 2007
||ルーラーシップ 2007
||ロードカナロア 2008
||ベルシャザール 2008
||ホッコータルマエ 2009
||ラブリーデイ 2010
||トゥザワールド 2011
||ドゥラメンテ 2012
||リオンディーズ 2013