種牡馬

リオンディーズの種付け料の推移と種牡馬成績

リオンディーズ(Leontes)の種牡馬情報です。

リオンディーズについて

そのポテンシャルは秘められたまま。

わずか1戦のキャリアで朝日杯FSを優勝し、最優秀2歳牡馬に選出。母シーザリオ、兄エピファネイアという良血も相まって、クラシックの中心的存在と期待される。

弥生賞は人気馬らしく堂々と先行から抜け出すが、マカヒキの差し脚に屈する。末脚勝負は分が悪いとみたか、一転して逃げを打った皐月賞は直線で他馬を妨害し5着降着。一発を狙ったダービーも後方から最速のあがりをみせて追い込んだが、見せ場らしいものはなく5着に敗れる。復権を誓った秋を前に屈腱炎を発症し、引退。

略歴

  • 2013年 ノーザンファーム生産
  • 2017年 種牡馬として供用開始
  • 2020年 初年度産駒デビュー予定

主な競争成績

5戦2勝

  1. 朝日杯FS
  2. 弥生賞(G2)

種付け料の推移と種付け頭数

産駒デビュー前から高まる人気。血統面だけでこれほど種付け料が上昇するとは思えず、産駒の出来がいい予感がする。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 満口 300万円(出生条件)、200万円(受胎条件)
2018年 161頭 200万円(出生条件)、150万円(受胎条件)
2017年 191頭 150万円(出生条件)、100万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

注目幼駒、種付け牝馬

ノーザンファームの繁殖牝馬にも配合していて、セレクトセールでは高値で売却されている。ポテンシャルの高さが評価されているのだろう。

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

リオンディーズの1歳産駒(2020年 デビュー予定)

  • アドマイヤフッキー の2018
    NFセール5400万円
    生 産ノーザンファーム
  • クレヨンルージュ の2018
    NFセール4100万円
    生 産ノーザンファーム
  • コンフェッシオン の2018
    一口総額1300万円
    生 産グローリーファーム
    馬 主ターフ・スポート
    調教師渡辺薫彦 (栗東)
  • フォンタネットポー の2018
    NFセール4500万円
    生 産ノーザンファーム
  • ラキシス の2018
    NF母G1
    母実績エリザベス女王杯
    生 産ノーザンファーム

リオンディーズの当歳産駒(2021年 デビュー予定)

  • グランデセーヌ の2019
    NFセール2100万円
    生 産ノーザンファーム
  • ドリームアドリーム の2019
    セール1700万円
    生 産社台白老ファーム
  • クロフォード の2019
    NFセール1700万円
    生 産ノーザンファーム


血統(牝系・サイアーライン)

名牝である母シーザリオがストロングポイント。サンデーサイレンスの血もここまで薄くなるとインブリードの影響も少なくなってくる。

血統表

リオンディーズの血統表
キングカメハメハ
Kingmambo
Mr.Prospector
Miesque
マンファス
ラストタイクーン
Pilot Bird
シーザリオ
スペシャルウィーク
サンデーサイレンス
キャンペンガール
キロフプリミエール
Sadler’s Wells
Querida

牝系図(fn.16-a)

キロフプリミエール(ラドガーズH-米G3)
シーザリオ(オークス,アメリカンオークス-米)
||エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)
||リオンディーズ(朝日杯FS)
||サートゥルナーリア(皐月賞,ホープフルS)

サイアーライン

Kingmambo 1990 仏
エルコンドルパサー 1995
||ヴァーミリアン 2002
|キングズベスト 1997 英
||エイシンフラッシュ 2007
|アルカセット 2000 英
キングカメハメハ 2001
||トゥザグローリー 2007
||ローズキングダム 2007
||ルーラーシップ 2007
||ロードカナロア 2008
||ベルシャザール 2008
||ホッコータルマエ 2009
||ラブリーデイ 2010
||トゥザワールド 2011
||ドゥラメンテ 2012
||リオンディーズ 2013