種牡馬

スペシャルウィークの種付け料の推移と種牡馬成績

スペシャルウィーク(Special Week)の種牡馬情報です。

スペシャルウィークについて

ライバルと名勝負を繰り広げた世代のダービー馬

タレント豊富な1995年最強世代。

クラシックはセイウンスカイと分け合う。2頭は逃げと追い込みという対照的な脚質を得意とした。皐月賞、菊花賞はセイウンスカイを捕えきれず2着。長い直線のダービーは2着以下を千切り捨てた。

菊花賞に続くジャパンカップは、外国産馬エルコンドルパサーとの一戦。まだ外国産馬はクラシックに出走できず、外国産馬のダービーといわれたNHKマイルCの覇者との一戦でダービー馬のプライドを賭けた。しかし、悠々と抜け出すエルコンドルパサーに完敗。ダービーが最強馬を決める場ではないと断じられた。外国産馬の出走が認められるのは3年後。

古馬となり立ちはだかるのはグラスワンダー。春秋の天皇賞とジャパンCを制し王道路線を勝ち進むスペシャルウィーク。宝塚記念で楽勝を許し、その雪辱を期した有馬記念だったが、態勢有利も長い写真判定の結果わずかに届かなかった。

4歳時の戦績はG1を3勝、両グランプリ2着の素晴らしいものだったが、年度代表馬はフランス遠征で奮闘したエルコンドルパサーに譲っている。物議を醸したのはいうまでもない。

略歴

  • 1995年 日高大洋牧場生産
  • 2000年 種牡馬として供用開始
  • 2010年 産駒のブエナビスタが年度代表馬に選出
  • 2017年 種牡馬引退
  • 2018年4月27日(23歳)没

主な競争成績

17戦10勝

  1. ダービー、ジャパンC、天皇賞春秋
  2. 有馬記念、菊花賞、宝塚記念
  3. 皐月賞

種付け料の推移と種付け頭数

代表産駒は2頭の名牝、シーザリオブエナビスタ。一方の牡馬は大物に恵まれなかった。2012年に社台SSを去ると、その後は目立つ産駒が見られなくなった。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2017年 1頭 72位
2016年 19頭 9頭 150万円(出生条件)、100万円(受胎条件) 34位
2015年 43頭 18頭 150万円(出生条件)、100万円(受胎条件) 36位
2014年 76頭 17頭 80万円(受胎条件) 17位
2013年 79頭 38頭 150万円(受胎条件) 23位
2012年 82頭 54頭 250万円(出生条件)、200万円(受胎条件) 17位
2011年 112頭 68頭 300万円(受胎条件) 12位
2010年 144頭 74頭 400万円(受胎条件) 7位
2009年 142頭 64頭 400万円(受胎条件) 6位
2008年 95頭 83頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 15位
2007年 126頭 130頭 800万円(前納、不受胎時全額返還) 8位
2006年 216頭 146頭 600万円 8位
2005年 234頭 70頭 BOOK FULL 7位
2004年 105頭 140頭 300万円(受胎条件) 29位
2003年 206頭 131頭 BOOK FULL 139位
2002年 211頭 125頭 Private
2001年 167頭 107頭 500万円(不受胎時返還)
2000年 147頭 600万円(不受胎時500万円返還)

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
9800万円 ワイルドフラワー
 の2006
ダノンファントム 4戦1勝
7800万円 タイキダイヤ
 の2007
ティルス 6戦1勝
5800万円 グレースアンドグローリー
 の2001
グレイシースタイル 中央7戦未勝利
5200万円 ダイイチフローネ
 の2005
フローテーション 菊花賞2着
5100万円 ビバノンノ
 の2006
ダノンフィーバー 25戦3勝
3350万円 プレシャスラバー
 の2006
ナリタクリスタル 新潟記念
3100万円 ストームティグレス
 の2004
オースミダイドウ デイリー杯2歳S
2200万円 シンコウエンジェル
 の2008
クィーンズバーン 阪神牝馬S

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
30億
5310万円
126 2423万円 70.0 %

セレクトセール累計額(母父)

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
24億
3170万円
109 2230万円 85.8 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 37.8 %
重賞馬 18 頭
重賞数 35 勝
重賞馬率 1.7 %

代表産駒(子供)

2011年産

  • トーホウジャッカル(菊花賞)
  • ウインフルブルーム(京都金杯-G3)

2008年産

  • ローマンレジェンド(東京大賞典-地)
  • クィーンズバーン(阪神牝馬S-G2)

2007年産

  • ステラリード(函館2歳S-G3)
  • ゴルトブリッツ(帝王賞-地)
  • タガノエリザベート(ファンタジーS-G3)

2006年産

  • ブエナビスタ(ジャパンC,オークスなどG1を6勝)
  • ブリッツェン(ダービー卿CT-G3)
  • ナリタクリスタル(新潟記念-G3)
  • リーチザクラウン(マイラーズC-G2,ダービー2着)
  • ファイアーフロート(京成杯AH-G3)

2004年産

  • オースミダイドウ(デイリー杯2歳S-G2)

2003年産

  • トーホウシャイン(マーメイドS-G3)

2002年産

  • シーザリオ(オークス,アメリカンオークス-米)
  • インティライミ(京都大賞典-G2,ダービー2着)
  • スムースバリトン(東京スポーツ杯2歳S-G3)

2001年産

  • サンバレンティン(七夕賞-G3)

BMS(母父)の代表産駒

2017年産

  • タイセイビジョン(京王杯2歳S-G2,朝日杯FS2着)
    タートルボウル

2016年産

  • サートゥルナーリア(皐月賞,ホープフルS)
    ロードカナロア
  • ディアンドル(葵S-G)
    ルーラーシップ
  • グルーヴィット(中京記念-G3)
    ロードカナロア
  • エメラルファイト(スプリングS-G2)
    クロフネ

2014年産

  • ディアドラ(ナッソーS-英,秋華賞)
    ハービンジャー
  • サンライズソア(平安S-G3,ジャパンダートダービー2着-地)
    シンボリクリスエス

2013年産

  • リオンディーズ(朝日杯FS)
    キングカメハメハ
  • ヴェンジェンス(みやこS-G3)
    カジノドライヴ

2012年産

  • クラリティスカイ(NHKマイルC)
    クロフネ

2011年産

  • タガノグランパ(ファルコンS-G3)
    キングカメハメハ

2010年産

  • エピファネイア(ジャパンC,菊花賞)
    シンボリクリスエス
  • ユールシンギング(セントライト記念-G2)
    シンボリクリスエス

2008年産

  • ヴェルデグリーン(オールカマー-G2)
    ジャングルポケット

血統(牝系・サイアーライン)

古くはコダマを生んだシラオキの系統。スペシャルウィークの人気は古くから日本に根付く牝系にもあるかもしれない。母父マルゼンスキーは8戦8勝、伝説の外国産馬。「大外でもいい、賞金もいらないからダービーに出走したい」の逸話で有名。

牡馬のG1馬はトーホウジャッカルのみで直系をつなぐことには失敗した。ただ母父としては優秀でサートゥルナーリアディアドラなどを輩出。今後は種牡馬として活躍するエピファネイアの母父などとして血をひろめていくだろう。

血統表

スペシャルウィークの血統表
サンデーサイレンス
Halo
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
Understanding
Mountain Flower
キャンペンガール
マルゼンスキー
Nijinsky
シル
レディーシラオキ
セントクレスピン
ミスアシヤガワ

牝系図(fn.3-l)

シラオキ(函館記念,ダービー2着)
コンゴーセキ
||ゴーフウ
|||フーセン
||||シンシラオキ
|||||シヨノロマン(ローズS,桜花賞2着)
||ミスサチヨ
|||サチカマダ
||||フクショウカマダ
|||||ホマレノプリンセス
||||||ブレイクタイム(京王杯AH-G3)
||||||レオソレイユ
|||||||レオアクティブ(京王杯2歳S-G2)
|コダマ(顕彰馬,ダービー,皐月賞,宝塚記念)
|シンツバメ(皐月賞,阪神3歳S2着)
ワカシラオキ
||リンダセニヨリータ
|||ヤマトシャルダン
||||サンエイソロン(スプリングS-G2,ダービー2着)
||||レイホーソロン(チューリップ賞-G3)
|||||サマニベッピン(阪神牝馬特別-G2)
|||||ダンツキッチョウ(青葉賞-G2)
||||ゴールドユウマ
|||||ミスズシャルダン(小倉大賞典-G3)
||ローズトウショウ
|||グレイトウショウ
||||アテナトウショウ
|||||マチカネフクキタル(菊花賞)
|||コーニストウショウ
||||エナジートウショウ
|||||タニノシスター
||||||ウオッカ(ダービー,ジャパンC,安田記念2回などG1を7勝)
|||||スリーアベニュー(ガーネットS-G3)
||||シスタートウショウ(桜花賞,オークス2着)
||||トウショウオリオン(北九州記念-G3)
||||ジェーントウショウ
|||||シーイズトウショウ(セントウルS-G2,桜花賞2着)
ミスアシャガワ
||ミスシラオキ
|||ジョーディアレスト
||||ジョーディシラオキ(チューリップ賞-G3)
||||ヒミツヘイキ(ユニコーンS-G3)
||レディーシラオキ
|||キャンペンガール
||||スペシャルウィーク(ダービー,ジャパンC,天皇賞春秋)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002