種牡馬

コパノリッキーの種付け料の推移と種牡馬成績

コパノリッキー(Copano Rickey)の種牡馬情報です。

コパノリッキーについて

大穴からのサクセスストーリー。

はじめて迎えたG1、フェブラリーSは最低の16番人気。大方の予想を裏切り先行から抜け出し半馬身差で勝利すると、次戦の交流G1かしわ記念も勝利してみせ、実力に疑いのないところを証明した。

その後は長くダートのトップホースとして君臨し、たまの凡走を挟みながらも交流競走を中心にダートG1を通算11勝した。

略歴

  • 2010年 ヤナガワ牧場生産
  • 2018年 種牡馬として供用開始
  • 2021年 初年度産駒デビュー予定

主な競争成績

33戦16勝

  1. フェブラリーS2回、東京大章典、JBCクラシック2回(地G1)、帝王賞(地G1)、かしわ記念3回(地G1)、マイルCS南部杯2回(地G1)
  2. 東京大章典(地G1)、帝王賞(地G1)、JBCスプリント(地G1)
  3. チャンピオンズC

種付け料の推移と種付け頭数

2017年に父ゴールドアリュールが亡くなったこともあり、人気急騰。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 満口 180万円(出生条件)、115万円(受胎条件)
2018年 194頭 80万円(受胎条件)

繋養地(牧場)

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

血統(牝系・サイアーライン)

血統表

コパノリッキーの血統表
ゴールドアリュール
サンデーサイレンス
Halo
Wishing Well
ニキーヤ
Nureyev
Reluctant Guest
コパノニキータ
ティンバーカントリー
Woodman
Fall Aspen
ニホンピロローズ
トニービン
ウェディングブーケ

牝系図(fn.1-o)

アリーウイン
ウェディングブーケ
||ニホンピロローズ
|||コパノニキータ
||||コパノリッキー(フェブラリーS2回など地含めG1を11勝)
ヒガシブライアン
||サンライズペガサス(大阪杯-G2)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002

ゴールドアリュール系

ゴールドアリュール 1999
|スマートファルコン 2005
|エスポワールシチー 2005
コパノリッキー 2010