種牡馬

リアルインパクトの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】

リアルインパクト(Real Impact)の種牡馬情報です。

リアルインパクトについて

ディープインパクトの初年度産駒

早くからマイルに標準を定め、1600mを中心に使われた。朝日杯FS2着、NHKマイルC3着と世代上位の実力をひっさげ、3歳馬が出走すること自体が珍しい安田記念に挑戦した。歴戦の古馬相手に4kg差の恵量を生かし、低評価を吹き飛ばすように先行から押し切った。

2勝目のG1はオーストラリアのジョージライダーS。豪州競馬はスピード重視で短距離が中心。馬場は日本馬に適しており、レベルも少し日本より劣る印象で勝ちやすい。しかも賞金額も日本の重賞並みである。2014年のハナズゴールのオールドエイジドS優勝で目を向ける関係者が多くなった。

略歴

  • 2008年 ノーザンファーム生産
  • 2016年 種牡馬として供用開始

主な競争成績

30戦5勝

  1. 安田記念、ジョージライダーS-豪G1
  2. 朝日杯FS、ドンカスターマイル-豪G1
  3. NHKマイルC

種付け料の推移と種付け頭数

初年度産駒が勝ち星を量産し、耳目を集める。種付け料もそれに応じて200万円と中堅種牡馬並みに引き上げられた。初年度の代表産駒はNHKマイルCを勝ったラウダシオンディープインパクト直系の孫では最初のG1馬に輝いた。2021年の種付け料は50万円ほど上がるのではと予想。産駒の適正距離は短く、ほとんどの勝利がマイル以下である。血統から中距離は難しいかもしれない。

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2020年 129頭 200万円(受胎確認後)
2019年 118頭 80万円(受胎確認後) 83位
2018年 36頭 80万円(受胎確認後)
2017年 112頭 100頭 80万円(受胎確認後)
2016年 139頭 80万円(受胎確認後)

繋養地(牧場)

社台スタリオンステーション

注目幼駒、種付け牝馬

2019年の種付け相手にシンハリーズがいるあたりに、牧場の期待の大きさを感じる。

表記と掲載馬の選定について
表記
赤字は牝馬
NFノーザンファーム産
社F社台ファーム産
母G1母親がG1馬(国際格付け)
G1馬G1勝ちの繁殖牝馬
兄G1兄弟がG1馬 ※PCでは()内に主な勝ち鞍を表示
G1産駒産駒がG1馬勝ち
セールセレクトセールなどの取引価格(税抜き)
一口総額一口馬主の募集総額
いずれかに該当するものを掲載
・母親がG1馬
・兄姉がG1馬
・セールの上位3頭
・セール1億円越え
・一口馬主の募集総額上位3頭
・一口馬主の募集総額1億円越え
※情報は適宜更新

リアルインパクトの2歳産駒(2020年 デビュー予定)

  • アバンダント の2018
    NFセール4000万円
    生 産ノーザンファーム
  • ゴーファイトウィン の2018
    一口総額2200万円
    生 産岡田牧場
    馬 主ライオンレースホース
    調教師森田直行 (栗東)
    登録名オンヴァガニエ
  • スタイルリスティック の2018
    NF一口総額1800万円
     兄 レッドアンシェル(CBC賞-G3)
    生 産ノーザンファーム
    馬 主東京ホースレーシング
    調教師音無秀孝 (栗東)
    登録名レッドフランカー
  • ビバリーヒルズ の2018
    NF一口総額1800万円
    生 産ノーザンファーム
    馬 主シルクレーシング
    調教師野中賢二 (栗東)
    登録名デイトンウェイ
  • プリモレガーロ の2018
    NFセール4000万円
    生 産ノーザンファーム
    登録名タイセイレガリア
  • ジンジャーミスト の2018
    NFセール4000万円
    生 産ノーザンファーム
    馬 主小川眞査雄
    調教師林徹 (美浦)
    登録名ジンジャーブラッド


リアルインパクトの1歳産駒(2021年 デビュー予定)

  • エリドゥバビロン の2019
    NFセール2800万円
    生 産ノーザンファーム

リアルインパクトの当歳産駒(2022年 デビュー予定)

  • テイエムプリキュア の2020
    母G1
    母実績阪神JF
    生 産タニグチ牧場
  • フェイトカラー の2020
    NFセール1800万円
    生 産ノーザンファーム
  • インラグジュアリー の2020
    社Fセール4600万円
    生 産社台ファーム
  • シンハリーズ の2020
    NF母G1姉G1シンハライト(オークス)
    母実績デルマーオークス-米
    生 産ノーザンファーム

セレクトセールの主な落札馬

落札額 母名 + 生年 登録名 メモ
4600万円 インラグジュアリー
 の2020
4000万円 アバンダント
 の2018
4000万円 プリモレガーロ
 の2018
タイセイレガリア
4000万円 ジンジャーミスト
 の2018
ジンジャーブラッド

セレクトセール累計額

落札総額 落札頭数 平均落札額 落札率
4億
9200万円
16 3075万円 88.8 %

種牡馬 評価

※中央競馬の平地競走のみを集計

勝馬率 24 %
重賞馬 1 頭
重賞数 1 勝
重賞馬率 1.2 %

代表産駒(子供)

2017年産

  • ラウダシオン(NHKマイルC)

血統(牝系・サイアーライン)

母のトキオリアリティーは外国産馬として芝ダート関わらず短距離で走り、3勝をあげた。母の父メドウレイクは希少なプリンスキロ系の種牡馬で、代表馬にメドウウスター(BCジュヴェナイルF、エイコーンSなど米G1を6勝)がいる。純然たる短距離の血統。

甥にあたるインディチャンプがマイルG1で主役を張るなど牝系には勢いがある。

血統表

リアルインパクトの血統表
ディープインパクト
サンデーサイレンス
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
Alzao
Burghclere
トキオリアリティー
Meadowlake
Hold Your Peace
Suspicious Native
What a Reality
In Reality
What Will Be

牝系図(fn.3-l)

トキオリアリティー
|アイルラヴァゲイン(オーシャンS-G3)
ウィルパワー
||インディチャンプ(安田記念,マイルCS)
||アウィルアウェイ(シルクロードS-G3)
リアルインパクト(安田記念,ジョージライダーS-豪)
|ネオリアリズム(Qエリザベス2世C-香)

サイアーライン

Hail to Reason 1958 米
|Roberto 1969 愛
||Kris S. 1977 米
|||シンボリクリスエス 1999
||Silver Hawk 1979 英
|||グラスワンダー 1995
||||スクリーンヒーロー 2004
||ブライアンズタイム 1985 米
|||タニノギムレット 1999
|Halo 1969 米
||Devil’s Bag 1981 米
||サンデーサイレンス 1986 米
|||フジキセキ 1992
|||ダンスインザダーク 1993
|||ステイゴールド 1994
|||スペシャルウィーク 1995
|||アドマイヤベガ 1996
|||マンハッタンカフェ 1998
|||アグネスゴールド 1998
|||アグネスタキオン 1998
|||ゴールドアリュール 1999
|||ネオユニヴァース 2000
|||ブラックタイド 2001
|||ダイワメジャー 2001
|||ハーツクライ 2001
|||ディープインパクト 2002

ディープインパクト系

ディープインパクト 2002
|ダノンバラード 2008
|ダノンシャーク 2008
|トーセンラー 2008
リアルインパクト 2008
|ワールドエース 2009
|トーセンホマレボシ 2009
ディープブリランテ 2009
|スピルバーグ 2009
キズナ 2010
サトノアラジン 2011
ミッキーアイル 2011
|トーセンスターダム 2011 豪
エイシンヒカリ 2011
リアルスティール 2012
|ダノンプラチナ 2012
グレーターロンドン 2012
サトノダイヤモンド 2013
|ディーマジェスティ 2013
シルバーステート 2013
|サトノアレス 2014
|アドミラブル 2014
|アルアイン 2014
|Saxon Warrior 2015 英
|ロジャーバローズ 2016